Logic Pro X: ES2オシレータを同期する

ES2オシレータを同期する

周波数変調しなければ、同期をかけた信号は攻撃的で甲高い音になる傾向があります。オシレータ2および3の矩形波やノコギリ波には「Sync」オプションがあります。このパラメータをオンにすると、オシレータ2および3の位相がオシレータ1と同期します。

図。オシレータの「Sync」オプション。

オシレータ1の出力信号の位相が0になる時点で、同期するオシレータ(オシレータ2あるいは3)の位相も強制的に0になります。オシレータ1の波形周期の範囲では、同期したオシレータは設定通りの波形周期で発振します。

同期したオシレータの周波数をエンベロープジェネレータでモジュレートすることによって、面白いサウンドを作ることができます。同期の1周期に含まれる位相数が絶えず変化するため、それに応じて周波数スペクトルが変化します。

同期したオシレータの周波数をエンベロープでモジュレートする

  1. オシレータ2の波形ノブを「Sync」に設定します。

  2. モジュレーション経路を、ターゲット「Pitch2」、ソース「Env2」に設定します。

  3. エンベロープ2の設定を調整します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?