Logic Pro X: ArpeggiatorのLiveモード

ArpeggiatorのLiveモード

「Live」モードでは、画面上のボタンをクリックするか、該当するMIDIキーボードのリモートキーを使って、休符、タイ、およびコードをリアルタイムで追加できます。Arpeggiatorのキーボードパラメータを参照してください。

グリッドはディスプレイとして機能するだけです。受信したMIDIベロシティ、休符、タイ、およびコードはリアルタイムで表示されますが、グリッド上で編集することはできません。アルペジエータの個々のステップを編集するには、「Grid」ボタンをクリックしてArpeggiatorのGridモードをオンにします。

注記:休符、タイ、およびコードは、「Latch」モードがオンのときのみ有効になります。Arpeggiatorのコントロールパラメータを参照してください。

図。ArpeggiatorのLiveモードのパラメータ。

Liveモードのパラメータ

  • 「Rest」ボタン: アルペジエータの現在のステップ位置に休符を挿入します。休符には位置識別番号が割り当てられます。このため、別のノート順序プリセットが選択されても、アルペジオ内での休符のリズム上の位置(ステップ番号)が保持されます。

    注記:休符はアルペジオの作成時にのみ追加できます。つまり、休符を追加するには1つ以上のキーを押さえる必要があります。すべてのキーを放すと、Arpeggiatorは設定した「Latch」モードのルールに基づいて動作し、トランスポーズなどのためにMIDIノートの受信を待機します。「Add」ラッチモードでは、すべてのキーを放した後にMIDIノート、休符、タイ、およびコードを追加できるので、この制限は適用されません。

  • 「Tie」ボタン: アルペジエータの現在のステップ位置にタイを挿入します。タイには位置識別番号が割り当てられます。このため、別のノート順序プリセットが選択されても、アルペジオ内でのタイのリズム上の位置(ステップ番号)が保持されます。

  • コードボタン: アルペジエータの現在のステップ位置にコードを挿入します。アルペジエータはコードのステップに到達すると、(ラッチまたはキーを押さえることによって)メモリに保存されているすべてのノートを同時に演奏します。ノートごとのベロシティも反映されます。コードには位置識別番号が割り当てられます。このため、別のノート順序プリセットが選択されても、アルペジオ内でのコードのリズム上の位置(ステップ番号)が保持されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?