Logic Pro X: サラウンド環境でDelay Designerを使う

サラウンド環境でDelay Designerを使う

Delay Designerは、サラウンド設定での使用に最適な設計になっています。26あるタップをサラウンド空間に配置し、面白いリズミックで空間的な効果を生み出すことができます。

注記:Delay Designerは、ステレオパンとサラウンドパンの操作ごとにオートメーションデータを生成します。つまり、サラウンドチャンネルまたはステレオパンのどちらか一方でDelay Designerを使用している場合、もう一方の既存のオートメーションデータには反応しません。

Delay Designerは常に各入力チャンネルを個別に処理します。

  • モノ/ステレオ入力とサラウンド出力という設定の場合、Delay Designerは2つのチャンネルを個別に処理するため、サラウンドパンナーを使うと各ディレイをサラウンド空間に配置できます。

  • サラウンド入力とサラウンド出力という設定の場合、Delay Designerは各サラウンドチャンネルを個別に処理するため、サラウンドパンナーを使うとサラウンド空間で各タップのサラウンドバランスを調節できます。

サラウンド設定でDelay Designerを使用する場合は、タップ・パラメータ・バーの「pan」パラメータがサラウンドパンナーと置き換わるため、各タップのサラウンド位置を設定できます。

図。サラウンドパンナーが表示されたタップ・パラメータ・バー。

注記:タップディスプレイのパン表示では、タップのアングルしか調整できません。タップ・パラメータ・バーでサラウンドパンナーを使って、ダイバシティを調整する必要があります。

サラウンドパラメータを調整する

  • ダイバシティを調整するには: Commandキーを押したままドラッグします。

  • アングルを調整するには: OptionキーとCommandキーを押したままドラッグします。

  • アングルとダイバシティをリセットするには: Optionキーを押しながら青い点をクリックします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?