Logic Pro X: Analog Sync

Analog Sync

Analog SyncはES2ベースの音源です。2つのオシレータを同期させてサウンドを生成する、アナログシンセサイザーのトーンをエミュレートします。Analog Sync音源は、アナログシンセサイザーによる輪郭のはっきりしたリードサウンドに適しています。

  • 音量スライダ: 音源の全体的な音量レベルを設定します。

  • 「Sync」スライダ: 2つのオシレータの同期(または不同期)を指定します。これはサウンドの荒さに反映されます。

  • 「Sync Modulation」スライダ: 2つのオシレータの同期をモジュレートする度合いを指定します。モジュレートを強めると、より複雑な(耳障りな)音になります。

  • 「Sync Envelope」スライダ: サウンドに対するエンベロープパラメータの適用量を指定します。

  • 「Cutoff」スライダ: 低く設定すると狭い範囲の音のみがフィルタを通過するためサウンドが減衰し、高く設定すると広い範囲の音がフィルタを通過するため明るいサウンドになります。

  • 「Attack」スライダ: 音の立ち上がりを急激にしたり緩やかにしたりします。「fast」に設定するとピアノのキーを強く叩いたような音になり、「slow」に設定するとバイオリンの弦を弓で弾いたような音になります。

  • 「Decay」スライダ: 遅い値に設定すると、サウンドの倍音成分(明るさ)の持続時間が長くなります。速い値に設定すると、サスティンレベルへの変化が速くなります。

  • 「Sustain」スライダ: アタックフェーズまたはディケイフェーズが完了した後のサウンドレベルを指定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?