Logic Pro X: Vintage Clavの「Modulation」エフェクト

Vintage Clavの「Modulation」エフェクト

Vintage Clavでは、モジュレーションエフェクトを「Phaser」、「Flanger」、「Chorus」の3種類の中から選択できます。  

図。Vintage Clavの「Modulation」エフェクトのパラメータ。

「Modulation」エフェクトのパラメータ

  • オン/オフボタン: 「Modulation」エフェクトのオン/オフを切り替えます。

  • モード・ポップアップ・メニュー: モジュレーションエフェクトの種類を「Phaser」、「Flanger」、または「Chorus」から選ぶことができます。

  • 「Intensity」ノブ/フィールド: フェイジング、フランジング、またはコーラスエフェクトの深さを設定します。コーラスエフェクトが有効な場合、「Intensity」値を大きくすると、アンサンブルのような効果が得られます。

    警告:フェイザーエフェクトが有効な場合、「Rate」と「Intensity」の値を大きくすると、非常に深い位相の「ずれ」によって自励発振が起こり、耳やスピーカーに損傷を与えるおそれもあります。

  • 同期ボタン: フェイザーエフェクトとフランジャーエフェクトをホストアプリケーションのテンポに同期させることができます。小節と拍の値(三連符を含む)は「Rate」ノブで設定します。

  • 「Rate」ノブ/フィールド: フェイジング、フランジング、またはコーラスエフェクトの速度を設定します。レートの設定はHz単位または小節/拍単位です。同期ボタンがオンの場合は後者になります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?