Logic Pro X: Ringshifterのオシレータパラメータ

Ringshifterのオシレータパラメータ

周波数シフターの2つのモードおよびリングモジュレータの「OSC」モードでは、内部サイン波オシレータによって入力信号の振幅がモジュレートされます。

  • 周波数シフターモードの場合は、「Frequency」パラメータによって、入力信号に加える周波数シフト(アップまたはダウン)の量が決まります。

  • リングモジュレータの「OSC」モードの場合は、「Frequency」パラメータによって、得られる効果の周波数成分(音色)が決まります。微妙なトレモロから金属的なサウンドまで、幅広い音質が得られます。

図。Ringshifterのオシレータパラメータ。

オシレータパラメータ

  • 「Frequency」コントロール: サイン波オシレータの周波数を設定します。

  • 「lin」(Linear)/「exp」(Exponential)ボタン: 「Frequency」コントロールの目盛り表示を切り替えます。

    • 「lin」: 「lin」(線形表示)モードでは、目盛りの刻みが均一になります。

    • 「exp」: 「exp」(指数関数による表示)モードでは0ポイント付近の刻みが非常に小さいため、ゆったりとしたフェイジング効果やトレモロ効果をプログラミングするときに便利です。

  • 「Env Follow」スライダ/フィールド: オシレータのモジュレーション深度に対する入力信号レベルの影響の度合いを設定します。

  • 「LFO」スライダ/フィールド: LFOによるオシレータのモジュレーションの量を設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?