Logic Pro X: ベクトルエンベロープを使用する

ベクトルエンベロープを使用する

ベクトルエンベロープは、マルチポイントで、ループに対応したモジュレーションソースです。三角領域およびプレーナーパッド内のポインタの動きをリアルタイムで制御します。ベクトルエンベロープは、モジュレーションルーターと領域を共有しています。

演奏されるボイスごとに独立したベクトルエンベロープがあり、キーを押す(MIDIノートオンメッセージが生じる)たびにトリガがかかり、エンベロープの先頭から制御が始まります。

ベクトルエンベロープ(およびプレーナーパッドと三角領域)の概念は難しく思えるかもしれませんが、実際に使ってみると使いやすい機能であることが分かるでしょう。これらの機能をほかの合成オプションと組み合わせることで、真に個性的で、文字通り感動的なサウンドを作成できます。

図。三角領域(オシレータミックス)とプレーナーパッドが表示されたベクトルエンベロープの全体図。

ベクトルエンベロープを表示する

  • ルーターの右側にあるベクトル・エンベロープ・ボタンをクリックすると、ベクトルエンベロープが表示されます。

ベクトルエンベロープの有効/無効を切り替える

  • ベクトルエンベロープを有効にするには: 「Solo Point」ボタンをオフにします。

  • ベクトルエンベロープを無効にするには: 「Solo Point」ボタンをオンにします。

    「Solo Point」がオンの場合、現在選択している三角領域やプレーナーパッドの、現在選択しているカーソル位置のみが有効になります。

ベクトルエンベロープでプレーナーパッドと三角領域を制御する

「Vector Mode」ポップアップメニューを使用して、ベクトルエンベロープターゲットを設定します。

  • ベクトルエンベロープターゲット(プレーナーパッド、三角領域、またはその両方)を選択します。

    • Off: ベクトルエンベロープは、三角領域もプレーナーパッドも制御しません。それらからは完全に切り離された状態になります。三角領域やプレーナーパッドのポインタは、手動で設定および制御できます。

    • Mix: ベクトルエンベロープで、三角領域のみを制御します。

    • XY: ベクトルエンベロープで、プレーナーパッドのみを制御します。

    • Mix+XY: ベクトルエンベロープで、プレーナーパッドと三角領域の両方を制御します。

ベクトルエンベロープのショートカットメニューを使用する

  1. ベクトルエンベロープ内を右クリックまたはControlキーを押しながらクリックすると、さまざまなコマンドと機能が含まれたショートカットメニューが表示されます。

  2. いずれかのメニュー項目を選択して、操作を実行します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?