Logic Pro X: ES1の概要

ES1の概要

ES1は、アナログシンセサイザーの回路を簡便かつ効率的にエミュレートします。

ES1は、減算合成を使ってサウンドを作り出します。搭載するオシレータおよびサブオシレータは、倍音成分の多い波形を生成します。これらの波形の一部を減算(カット、フィルタ除去)して再構築し、新しいサウンドを作成します。ES1のトーン生成システムには、柔軟なモジュレーション機能も組み込まれており、迫力のある低音、包み込むようなパッド、鋭いリード、シャープな打撃音を自在に作り出すことができます。

シンセサイザーを使うのがはじめての方は、シンセサイザーの基礎の概要を参照してください。そこでは、用語の意味、およびさまざまな合成システムの概要とその動作について分かりやすく学ぶことができます。

図。メインのインターフェイス領域が表示されたES1のウインドウ。

ES1の操作画面は、大きく6つの領域に分かれています。

  • オシレータパラメータ: 上部の左側には、オシレータパラメータがあります。オシレータにより、サウンドの土台を構成する波形が生成されます。ES1のオシレータパラメータの概要を参照してください。

  • グローバルパラメータ: 濃いグリーングレイの領域の下端には、サウンドをグローバルにコントロールするパラメータがあります。これらを使って、グローバルチューニングの割り当てと調整を行ったり、内蔵のコーラスを有効にしたりできます。コーラスを使うと、音色や音の厚みを調整できます。ES1のグローバルパラメータを参照してください。

  • フィルタパラメータ: 上部の中央には、円形の「Filter」領域と、「Drive」および「Key」スケールパラメータがあります。フィルタを使って、オシレータから送信された波形の輪郭を作ります。ES1のフィルタパラメータの概要を参照してください。

  • アンプパラメータ: 上部の右側には、アンプパラメータがあります。これらのパラメータを使って、サウンドのレベルを微調整できます。ES1のアンプパラメータを参照してください。

  • エンベロープパラメータ: グレイ地にグリーンの文字の領域の右側には、ADSRスライダがあります。これらのスライダを使って、フィルタのカットオフとアンプレベルを経時的に制御できます。ES1のエンベロープパラメータの概要を参照してください。

  • モジュレーションパラメータ: グレイ地にグリーンの文字の領域の左側から中央には、モジュレーションソース、モジュレーションルーター、モジュレーションエンベロープ、および振幅エンベロープがあります。これらを使って、さまざまな方法でサウンドを変調できます。ES1のモジュレーションパラメータの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?