Logic Pro X: Multipressorの概要

Multipressorの概要

Multipressor(マルチバンドコンプレッサー)は、汎用性の高いオーディオ・マスタリング・ツールです。これにより、入力される信号は別々の周波数帯(最大4つ)に分離されるので、それぞれの周波数帯を個別に圧縮できます。圧縮が適用された後、これらの帯域は1つの出力信号にまとめられます。

異なる周波数帯を別々に圧縮するメリットは、対象となる帯域の圧縮レベルを上げても、ほかの帯域に影響しないことです。これにより、大幅な圧縮が原因で起こりがちな「ポンピング」を防止できます。

Multipressorを使用すると、特定の周波数帯に高い圧縮率を適用することによって平均的な音量を上げることができ、アーチファクトが聞こえることもありません。

全体的な音量を上げると、既存のノイズフロアが大幅に増加する場合があります。そのため、各周波数帯をダウンワードエクスパンドする機能があります。これによって、このノイズを低減あるいは抑制することができます。

ダウンワードエクスパンドは、圧縮に対応する機能です。コンプレッサーによって高い音量レベルのダイナミックレンジが圧縮されると、ダウンワードエクスパンダによって低い音量レベルのダイナミックレンジが伸張されます。ダウンワードエクスパンドに伴い、信号がしきい値レベルを下回った場合に信号のレベルが引き下げられます。この機能はNoise Gateと似ていますが、急激にサウンドをカットオフするのではなく、「Ratio」を調整して、滑らかなフェードにすることができます。

Multipressorディスプレイ周波数帯、および出力パラメータのセクションと、ヒントを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?