Logic Pro X: Arpeggiatorのコントロールパラメータ

Arpeggiatorのコントロールパラメータ

コントロールパラメータはArpeggiatorを開始および停止させるほか、ラッチ動作を指定します。また、演奏中のアルペジオをMIDIリージョンとして取り込むこともできます。

図。Arpeggiatorのコントロールパラメータ。

コントロールパラメータ

  • 再生ボタン: MIDIキーボードまたはMIDIリージョンから入力したノートのアルペジオ再生を開始または停止します。再生モードの場合、再生ボタンが点灯します。Arpeggiatorプラグインが停止すると、受信したMIDIノートは通過します。キーボードの分割およびリモート操作についてのパラメータ設定は保持されます。Arpeggiatorのキーボードパラメータを参照してください。

    • ホストアプリケーションが再生モードの場合: Arpeggiatorの再生ボタンをオンにするとアルペジオ演奏が始まります。はじめてこのプラグインを挿入したときも同様です。アルペジオ再生はLogicソングの位置にリンクされます。

    • ホストアプリケーションが停止している場合: アルペジオ再生が停止します。受信したMIDIノートは通過します。キーボードの分割およびリモート操作についての設定は保持されます。

    注記: Logic Pro X が停止していても、Arpeggiatorの再生ボタンをクリックすれば、アルペジオの最初のステップからアルペジオ再生が始まります。

  • ライブ演奏の取り込みボタン: 一番上のボタンをクリックしてからドラッグすると、音源トラックにソースのノートがコピーされます。下のボタンをドラッグすると、演奏中のアルペジオがコピーされます。演奏されたノートまたは演奏中のアルペジオパターンが目的の位置にMIDIリージョンとして配置されます。

  • 「Latch」ボタン: Latchモードのオン/オフを切り替えます。これによって、キーを押さえていなくてもアルペジオが再生されます。Latchモードの動作は「Latch Mode」ポップアップメニューで指定します。

  • 「Latch Mode」ポップアップメニュー: 以下のいずれかのLatchモードを選択します。

    • Reset: 最初に弾いたキーによって、ラッチされているノートが消去されます。

    • Transpose: キーを1つ弾くと、押さえたキーのノート値とアルペジオ内の一番低いノートを基準にしてアルペジオがトランスポーズされます。

      注記:一度に複数のキーを押さえると、ラッチされているノートが消去され、新しいアルペジオが始まります。

    • Gated Transpose: このオプションは「Transpose」ラッチモードと同じですが、アルペジオが演奏されるのはキーを押さえている間だけです。キーを放すとすぐにアルペジオがミュートされます。

    • Add: 複数のキーを1つずつ、またはコードとして同時に弾くと、ラッチされているアルペジオにこれらのキーが追加されます。同じキーを複数回弾くと、弾いた回数だけそのノートが繰り返されます。

    • Add Temporarily: このオプションは「Add」ラッチモードと同じですが、ラッチされているアルペジオにノートが追加されるのはキーを押さえている間だけです。押さえているキーを放すと、アルペジオからこれらのキーが取り除かれます。

    • Through: 受信したすべてのMIDIノートはArpeggiatorプラグインを通過します。このため、ラッチされたアルペジオに合わせて演奏できます。

  • 「Delete Last」ボタン: アルペジオに追加された直前のノート、休符、またはタイを削除します。

    注記:各イベントには一意の位置識別番号が割り振られており、直前のイベントには最も大きな番号が付けられています。

  • 「Clear」ボタン: Arpeggiatorプラグインのラッチメモリからすべてのノートを削除します。アルペジオ演奏が停止し、すべての位置識別番号がゼロにリセットされます。これによって、Latchモードをオフにせずに新しいアルペジオを作成できます。これはライブ演奏でコードの変更に備える場合に便利です。

  • 「Silent Capture」チェックボックス(拡張パラメータ): 左下にある開閉用三角ボタンをクリックすると、拡張パラメータが表示されます。このチェックボックスを選択すると、実行中のアルペジエータの急な応答に邪魔されず、段階的にアルペジオを取り込むことができます。

    • 有効にすると、アルペジエータが停止して「Add」ラッチモードになります。

    • 無効にすると、再び再生が有効になり(以前に有効であった場合)、Latchモードは「Transpose」に切り替わります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?