Logic Pro X: Amp Designerのエフェクトの概要

Amp Designerのエフェクトの概要

エフェクトパラメータにはリバーブ、トレモロ、ビブラートがあり、多くのアンプに見られるプロセッサをエミュレートしています。これらのコントロールは、ノブセクションの中央に並んでいます。

図。「Reverb」および「Effects」パラメータ。

リバーブは中央の「On/Off」スイッチで操作します。トレモロとビブラートのいずれかに追加することも、単独で使うこともできます。Amp Designerのリバーブエフェクトを参照してください。

「Trem」(トレモロ)または「Vib」(ビブラート)のどちらかを選択できます。「Trem」ではサウンドの振幅または音量がモジュレートされ、「Vib」ではピッチがモジュレートされます。Amp Designerのトレモロとビブラートを参照してください。

注記:信号経路内では、「Presence」および「Master」コントロールよりも前に位置するエフェクトセクションが、プリアンプされた(マスター前)信号を受け取ります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?