Logic Pro X: 複数のコントローラまたはマルチ・チャンネル・コントローラを使用する

複数のコントローラまたはマルチ・チャンネル・コントローラを使用する

デフォルトでは、Vintage B3は3つの連続するMIDIチャンネルで、上下の鍵盤およびペダル鍵盤で演奏されたノートイベントを受信します。そのマッピングは以下のようになります:

  • MIDIチャンネル1:  上段の鍵盤を演奏できます。

  • MIDIチャンネル2:  下段の鍵盤を演奏できます。

  • MIDIチャンネル3:  ペダル鍵盤を演奏できます。

これにより、最大3台のMIDIコントローラを同時に使ってVintage B3を演奏できます。鍵盤用として1台だけマスターキーボードを用意し、キーボード分割機能を使って、音域によって別のMIDIチャンネルにノートイベントを送ることもできます。この方法でも、Vintage B3の3系統のサウンドを同時に演奏できます。分割した各音域は個別にトランスポーズできます。「Vintage B3のMIDIコントロールモードを選択する」も参照してください。マスターキーボードやペダル鍵盤には、どのようなMIDIインターフェイスでも使用できます。実際の入力機器は何でもかまいません。重要なのはMIDI信号を送信するチャンネルです。

注記:分割や音域の設定方法、およびMIDI送信チャンネル(一般にはTX Channelなどと略記)の設定方法については、それぞれのマスターキーボードのマニュアルを参照してください。

キーボードモードを設定する

キーボードには、「Single」、「Split」、「Multi」の3つのモードがあります。

  1. コントロールバーの「Main」をクリックし、右下の「Split」ボタンをクリックします。

  2. ウインドウに表示されたキーボードの左側にあるスイッチを「Single」、「Split」、「Multi」のいずれかに設定します。

    • Single: キーボード全体を使用します。上鍵盤の音だけを弾くことができます。

    • Split: キーボードを2つに分割します。各音域で上鍵盤と下鍵盤の音を弾くことができます。

    • Multi: キーボードを3つに分割します。各音域で上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤の音を弾くことができます。

デフォルトのMIDIチャンネルを変更する

MIDIチャンネルは、ライブで演奏するときやほかのサウンドモジュールにすばやくアクセスしたいときなど、必要に応じて変更できて便利です。

  1. コントロールバーの「Main」をクリックし、右下の「Split」ボタンをクリックします。

  2. ウインドウに表示されたキーボードの左側にあるスイッチを「Multi」に設定します。

  3. 上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤のチャンネル番号を変更します。

キーボードの音域を設定する

  1. コントロールバーの「Main」をクリックし、右下の「Split」ボタンをクリックします。

  2. ウインドウに表示されたキーボードの左側にあるスイッチを「Split」に設定します。

  3. ペダル鍵盤/下鍵盤と下鍵盤/上鍵盤の音域分割アイコンを左右にドラッグして、各音域を設定します。

    両方の分割ポイントに同じ値を選択すると、下段の鍵盤がオフになります。ペダル鍵盤/下鍵盤の分割アイコンを下鍵盤/上鍵盤の分割アイコンよりも高い音に移動しようとすると、下鍵盤/上鍵盤の分割アイコンも一緒に動きます(逆の場合も同様です)。

キーボードの音域をオクターブ単位でトランスポーズする

グローバルな「Tune」パラメータや Logic Pro Xのトランスポーズ機能とは別に音域をトランスポーズできます。トランスポーズはプリセットキーには影響しません。そのため、キーボードモードが「Split」のときでも、プリセットの切り替えに支障はありません。Vintage B3のプリセットキーを使用するを参照してください。

  1. コントロールバーの「Main」をクリックし、右下の「Split」ボタンをクリックします。

  2. ウインドウに表示されたキーボードの左側にあるスイッチを「Split」に設定します。

  3. 「Pedals Transpose」、「Lower Transpose」、または「Upper Transpose」ポップアップメニューから、オクターブ値(+/–2オクターブ)を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?