Logic Pro X: Ultrabeatのフィルタセクション

Ultrabeatのフィルタセクション

Ultrabeatのマルチモードフィルタを使うと、ドラムサウンドの音色を大幅にまたはわずかに変化させることができます。

図。フィルタセクション。

フィルタパラメータ

  • 「filter」(オン/オフ)ボタン: フィルタセクション全体のオン/オフを切り替えます。フィルタを適用すると、最終的に生成される音が大きく変わってしまうので、ほかのパラメータを調整している間は、フィルタセクションを無効にしておくとよいでしょう。「filter」というラベルが赤色になっていればフィルタが適用されています。グレイの場合、フィルタは無効です。

  • フィルタ・タイプ・ボタン: フィルタ・タイプをローパス、ハイパス、バンドパス、またはバンド遮断から切り替えます。

  • フィルタのスロープボタン: フィルタのスロープを切り替えます。

  • 「cut」(カットオフ)ノブと「res」(レゾナンス)ノブ: ノブを回して、フィルタのカットオフ/中心周波数とレゾナンス/帯域幅を設定します。

  • 「Mod and via」ポップアップメニュー: カットオフおよびレゾナンスパラメータのモジュレーションソース(および「via」のソース)を選択します。Ultrabeatのmod/viaモジュレーションを参照してください。

Ultrabeatのフィルタ・タイプを設定する

フィルタはいくつかのモードで動作できるため、特定の周波数帯域を消去したり強調したりすることができます。

  • フィルタ・タイプを選択するには、以下のいずれかのボタンをクリックします:

    • 「LP」(ローパス): このフィルタ・タイプにすると、カットオフ周波数より下の周波数成分が通過(パス)するようになります。「LP」に設定するとローパスフィルタになります。「LP」モードでは、フィルタのスロープは12または24 dB/Octに設定できます。

    • 「HP」(ハイパス): このフィルタ・タイプにすると、カットオフ周波数より上の周波数成分が通過(パス)するようになります。「HP」に設定するとハイパスフィルタになります。「HP」モードでは、フィルタのスロープは12または24 dB/Octに設定できます。

    • 「BP」(バンドパス): 中心周波数(「cut」ノブで設定)の周囲の周波数範囲を通過(パス)させます。それ以外の周波数はすべて遮断されます。この周波数帯域の幅は、「Res」パラメータで決まります。バンドパスフィルタは、周波数帯の中心周波数の両側でスロープが6または12 dB/Octである、ローパスフィルタとハイパスフィルタを組み合わせたものと考えることもできます。

    • 「BR」(バンド遮断): 中心周波数(「cut」ノブで設定)の周囲の周波数範囲を阻止し、その外側の成分のみを通します。この周波数帯域の幅は、「res」パラメータで決まります。

    図。フィルタ・タイプ・ボタン。

Ultrabeatのフィルタスロープを設定する

大半のフィルタでは、カットオフパラメータで設定された周波数範囲外の信号成分を完全に除去できるわけではありません。カットオフ周波数周辺の周波数は、カットオフ周波数から離れている周波数よりも減衰幅が小さいことが普通です。スロープの値が大きくなるほど、カットオフ周波数周辺の周波数とそこから離れた周波数とのレベルの差がはっきりと現れます。

  • 「12」dBまたは「24」dBボタンをクリックします。フィルタ用に選択されたスロープ(カーブ)は、成分をどの程度阻止するか、1オクターブあたりのデシベル数で表します。スロープが急であるほど、カットオフ周波数より下の信号が受ける1オクターブあたりの影響のレベルが大きくなります。

    図。フィルタ・スロープ・ボタン。

Ultrabeatのフィルタcut(off)パラメータを使う

  • カットオフ周波数(「cut」)パラメータを回して、信号の明るさを制御したり、信号の中心周波数を指定したりします。

    • ローパスフィルタでは、カットオフ周波数を高く設定するほど、高い周波数成分が通過するようになります。

    • ハイパスフィルタでは、カットオフ周波数よりも低い周波数成分が遮断され、それよりも高い周波数成分だけが通過するようになります。

    • バンドパスフィルタ/バンド阻止フィルタでは、カットオフ周波数によってそのフィルタの中央周波数が決まります。

Ultrabeatのフィルタres(onance)パラメータを使う

  • レゾナンス(「res」)パラメータを回して、指定したカットオフ周波数より上または下の信号部分を強調または遮断したり、カットオフ周波数の周囲の周波数帯の幅を指定したりします。

    • ローパスフィルタでは、カットオフ周波数より下の信号を強調または遮断します。

    • ハイパスフィルタでは、カットオフ周波数より上の信号を強調または遮断します。

    • バンドパスフィルタ/バンド遮断フィルタでは、レゾナンスによって(カットオフ周波数パラメータで設定された)中心周波数の周囲の周波数帯の幅が決まります。

Ultrabeatのフィルタとディストーションユニットを通る信号経路の順序を設定する

2つのオシレータ、リングモジュレータ、およびノイズジェネレータの出力信号は、中央にあるフィルタセクションに送られます(さまざまな信号経路ボタンでバイパスしないようにしてある場合)。フィルタセクションでは、マルチモードフィルタとディストーションユニットを使用できます。

  • 矢印をクリックすると、信号経路は以下のいずれかの順序に変化します:

    • ディストーションユニット、フィルタ回路の順(矢印上向き)

    • フィルタ回路、ディストーションユニットの順(矢印下向き)。

    図。フィルタセクションとディストーションユニット。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?