Logic Pro X: Alchemyのモジュレーションラックのコントロール

Alchemyのモジュレーションラックのコントロール

モジュレーションコンポーネントは詳細表示でのみ表示されます。詳細表示に切り替えるには、「Advanced」ボタンをクリックします。

通常は、ノブをクリックすると2つのことが起こります。まず、ノブに関連付けられているモジュレーションラックが表示されます。次に、新しく表示されたラックの最初のスロットにすでにモジュレータが割り当てられている場合、対応するコントロールパネルが右側に表示されます。一部のモジュレータにはコントロールパネルがありません。

ただし、2つの場合において、Alchemyは上記のことが起こらないように設計されています。クリックしたノブがモジュレータのコントロールパネルにある場合(たとえば、「LFO Rate」や「AHDSR Attack Time」をクリックした場合)、この操作は新しいターゲットに切り替えることではなく、現在のターゲットのモジュレーションを調整することを目的としているとAlchemyは推測します。同様に、モジュレーションラックにあるモジュレーションの「Depth」ノブをクリックすると、この操作は深度を調整することを目的としているとAlchemyは推測し、現在のラック表示が維持されます。

いずれの場合でも、モジュレーションの割り当ての表示と編集は行うことができます。ノブがモジュレータのコントロールパネルかモジュレーションラックにある場合、Controlキーを押したままノブをクリックすると、数種類のコマンドを備えたショートカットメニューが開きます。「Edit Modulation」を選択すると、そのコントロールに関連付けられたモジュレーションラックが表示されます。

注記:一部のパラメータはモジュレートできません。Performanceセクションのノブはモジュレーションソースとして使用するために設計されており、モジュレーションターゲットではありません。ノブではなくメニューコマンドでパラメータを設定した場合、このパラメータをループモードやフィルタ・タイプでモジュレートすることはできません。

図。モジュレーションラック。

モジュレーションラックのパラメータ

  • 「戻る」ボタン: 以前に選択した、「Depth」の値が変更されているモジュレーションターゲットを表示します。「戻る」ボタンは、Controlキーを押したままモジュレーションの「Depth」ノブをクリックし、ポップアップメニューから「Edit Modulation」を選択すると表示されます。

  • モジュレーションのターゲット・ポップアップ・メニュー: 選択したモジュレーションターゲットが表示されます。任意の有効なモジュレーションターゲットを選択できます。「Target」ポップアップメニューの下には最大10のモジュレーションスロットが表示されます。モジュレーションラックの各スロットには同じコントロールが備わっています。

  • オン/オフボタン: モジュレーションソースのオン/オフを切り替えます。オフのときはモジュレーションの割り当てをバイパスしますが、スロットから削除することはありません。

  • モジュレーション・ポップアップ・メニュー: モジュレーションソースを選択します。「None」を選択するとソースが削除されます。モジュレータはサブメニューによってグループ化されています。「New」(新しいモジュレータ)を選択すると、選択したタイプの追加のモジュレーションソースが作成されます。多くのモジュレータ・タイプでは最大16の個別のモジュレーションソースを作成できます。これらの各モジュレーションソースには個別のパラメータ設定を指定でき、各モジュレーションソースは異なるターゲットをモジュレートできます。

    ソースを割り当てると、選択したスロットの下に新しいスロットが表示されます。ターゲットごとに最大10のモジュレーションスロットを使用できます。

  • 編集(「E」)ボタン: モジュレーションセクションの右半分に、選択したモジュレータのコントロールパネルを開きます。

    注記:一部のモジュレータ・タイプにはコントロールパネルがありません。一部のモジュレータ・タイプはモジュレーション・ポップアップ・メニューでのみ使用できます。

  • 「ModMap」ポップアップメニュー: ModMapの割り当て、作成、または削除を行います。ModMapはほかのモジュレータの出力を処理するために使用します。AlchemyのModMapを参照してください。

  • 「Depth」ノブ: モジュレーションの強度を-100%-100%の範囲で設定します。ダブルクリックすると、「Depth」がゼロにリセットされます。

  • 「Smooth」ノブ: ゼロを上回る値のときに、ターゲットがモジュレーションに少しずつ応答するようにします。高速のフィルタや振幅モジュレーションによって不要な音響上のアーチファクトが見られる場合、スムージングを少し加えるというのも解決策の1つです。値を大きくすると興味深いエフェクトも得られます。

    注記:「Smooth」パラメータはモジュレーションターゲットとしては使用できません。

  • スクロールバー: 上下にドラッグすると、現在は表示されていないモジュレーションラックのルーティング(スロット)が表示されます。スクロールバーは、割り当てられたスロットの数がモジュレーションラックの表示領域を超過した場合にのみ表示されます。

  • 「Show Target」ボタン: 現在の表示対象のモジュレータ・ターゲットが表示されます。上記の「モジュレーションのターゲット・ポップアップ・メニュー」の説明を参照してください。

モジュレーションラックでモジュレータを選択する/作成する/変更する

  • モジュレーションラックのスロットをクリックし、ポップアップメニューから項目を選択します。

モジュレーションラックでモジュレーションの割り当てを取り消す

  • モジュレーションラックのポップアップメニューから「None」を選択します。

    このモジュレータは選択中のターゲットに対して影響力を持ちませんが、ほかのパラメータへの割り当てには引き続き使用できます。

    注記:場合によっては、オン/オフボタンを使用して一時的にモジュレーションスロットにルーティングをバイパスさせると便利です。こうすると、モジュレーションソースのすべてのパラメータ設定が維持されます。

モジュレーションラックからモジュレーションの割り当てを削除する

  • モジュレーションラックのスロットをクリックし、ポップアップメニューから<パラメータグループ>><Delパラメータ名>と選択します。

    たとえば、ポップアップメニューから「LFO」>「Del LFO 2」と選択すると、LFO 2が削除されます。

モジュレータのターゲットを見つける

モジュレーションラックには、特定のターゲットに割り当てられているすべてのモジュレータ(ソース)が表示されます。モジュレーションセクションの右上にある「Show Target」ボタンをクリックすると、特定のモジュレーションソースのすべてのターゲットがすばやく表示されます。

  • 「Show Target」ボタンをクリックするとポップアップメニューが開き、すべてのモジュレータと、これらのモジュレータに割り当てられているすべてのターゲットが表示されます。

    「File」ボタンをクリックし、ポップアップメニューから「Initialize Preset」を選択してAlchemyを初期化した場合、「Target」メニューを見ると以下のことが分かります:

    • 「AHDSR 1」はマスターボリュームをモジュレートします。

    • 「Note Property」である「Velocity」はマスターボリュームをモジュレートします。

    • ほかのすべてのモジュレーションは割り当てられません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?