Logic Pro X: Phat FXのプロセッサ

Phat FXのプロセッサ

Phat FXのすべてのプロセッサのパラメータについて、以下の各セクションで説明します。

図。Phat FXのプロセッサ。

バンドパスパラメータ

バンドパスユニットは、カットオフ周波数の周囲の帯域に入る信号成分を通過させ、この周波数帯を上回る信号成分と下回る信号成分は減衰させます。「Reject Mix」ノブを使用すると、バンドパスフィルタを通過しなかった信号を信号経路内のバンドパスユニットの位置に復元する(取り込む)ことができます。これによって、特定の周波数範囲のみに1つ以上のエフェクトを適用し、その他の周波数はそのままにすることができます。

  • オン/オフボタン: バンドパスフィルタを有効/無効にします。

  • 「Type」ポップアップメニュー: フィルタの特性を選択します。選択肢ごとに、音色と、「High Res」および「Low Res」のコントロール値に対する反応が異なります。

  • 「Low」/「High」スライダ/フィールド: フィルタを通過する周波数の下限と上限を設定します。それ以外の周波数成分は遮断されます。

    横長のオレンジ色のバーの長さは周波数範囲を示します。バーの左右の端にあるハンドルで、「Low」と「High」の周波数の値を設定します。バーをドラッグすると、周波数範囲の全体を移動できます。バーの上にある数値フィールド内をドラッグして周波数の値を調整することもできます。

  • 「Low Res」/「High Res」スライダ/フィールド: 「Low」/「High」スライダで設定した低周波数および高周波数付近のフィルタリングの基本的な音響特性を決定します。「Res」を高く設定するとその付近の周波数が強調され、シャープで明るくなります。低く設定すると、ソフトになります。

  • 「Reject Mix」ノブ: バンドパスフィルタを通過しなかった信号を信号経路内のバンドパスユニットの位置に取り込みます(復元します)。

フィルタのパラメータ

フィルタユニットは数十種類のフィルタを備えています。Phat FXのフィルタ・タイプを参照してください。

  • オン/オフボタン: フィルタエフェクトを有効/無効にします。

  • 「タイプ」ポップアップメニュー: フィルタの特性を選択します。選択肢ごとに、音色と、「Cutoff」、「Drive」、および「Res」のコントロール値に対する反応が異なります。

    注記:選択したフィルタ・タイプによって、デフォルトの「Cutoff」、「Res」、「Drive」ノブの名前と機能が変わることがあります。

  • 「Cutoff」ノブ/フィールド: フィルタのカットオフ周波数を設定します。高い周波数は減衰され、低い周波数はローパス(LP)フィルタを通過できます。ハイパス(HP)フィルタではこの逆になります。バンドパス(BP)モードの場合、通過できる帯域の中心周波数はカットオフによって決まります。コムなどのフィルタ・タイプでは、フィルタコントロールの名前と動作が変わります。

  • 「Res」ノブ/フィールド: カットオフ周波数に近い周波数帯の信号をブーストまたはカットします。

  • 「Drive」ノブ/フィールド: フィルタをオーバードライブさせます。フィルタ・タイプによっては、これによって強いディストーションがかかります。

  • 「Mix」ノブ/フィールド: 原音信号とフィルタをかけた信号のレベルを設定します。

ディストーションパラメータ

3つのディストーションユニットを個別に、または組み合わせて使用して、さまざまな音色を作り出すことができます。

  • オン/オフボタン: ディストーション・エフェクト・モジュールを有効/無効にします。

  • 「Amount」ノブ/フィールド: 3つのディストーションユニットごとにレベルを設定します。

  • 「Type」ポップアップメニュー: エフェクトユニット1、2、または3の歪み特性を選択します。選択肢ごとに、音色と反応が異なります。

Mod FXのパラメータ

モジュレーションユニットは、ソフトなサウンドからダブリングまたはアンサンブルタイプの処理まで、コーラスのような4種類のエフェクトを備えています。

  • オン/オフボタン: Mod FXユニットのオン/オフを切り替えます。

  • 「Mix」ノブ/フィールド: 原音信号とモジュレートした信号のレベルを設定します。これはモジュレーションの量のコントロールです。

  • 「Rate」ノブ/フィールド: モジュレーションエフェクトの速度を設定します。

  • 「タイプ」ポップアップメニュー: モジュレーションの特性を選択します。選択肢ごとに、音色とエフェクトの深度が異なります。

ベースエンハンサーのパラメータ

ベースエンハンサーは指定された周波数付近の信号をブーストします。

  • オン/オフボタン: ベース・エンハンサー・エフェクトを有効/無効にします。

  • 「Amount」ノブ/フィールド: エフェクト信号のレベルを設定します。

  • 「Tune」ノブ/フィールド: ベース強調の中心周波数を設定します。この周波数付近の信号がブーストされます。

  • 「タイプ」ポップアップメニュー: ベース強調の特性を選択します。選択肢ごとに、音色と反応が異なります。

Compressorのパラメータ

コンプレッサーユニットでは、ダイナミクスをスムーズに調整し、全体の音量を上げることで、タイトなサウンドが得られます。

  • オン/オフボタン: コンプレッサーエフェクトを有効/無効にします。

  • 「Amount」ノブ/フィールド: 圧縮のレベルを設定します。

  • 「Release」ノブ/フィールド: 圧縮回路が信号の低減を停止するまでの時間を設定します。

  • 「タイプ」ポップアップメニュー: エミュレートする圧縮回路を選択します。「Classic」、「Clip」、「Platinum」、「Studio VCA」、「Studio FET」、「Classic VCA」、「Vintage VCA」、「Vintage FET」、「Vintage Opto」の中から選択できます。

    • FETモデル: 電界効果トランジスタコンプレッサーは、トランジェントに対するレスポンスが速いことで知られています。明瞭でくっきりした音色(特に中域)になり、トランジェントでは「パンチの効いた」感じの音色になります。FETコンプレッサーはドラム、ボーカル、ギターに最適です。FETコンプレッサーで可能なのは信号の減衰だけです。

    • VCAモデル: 電圧制御アンプコンプレッサーでは、入力トランジェントへのレスポンス速度を調節できます。くっきりした音色が特徴で、ベースギターや低周波信号に適しています。VCAコンプレッサーでは信号を減衰または増幅できます。

    • Optoモデル: オプティカルコンプレッサーは、トランジェントに対するレスポンスが早く、ノンリニアリリース機能を備えていることで知られています。非常に明瞭で、ボーカルやギターに最適です。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?