Logic Pro X: ES Pのエンベロープとレベルのコントロール

ES Pのエンベロープとレベルのコントロール

ES Pには、フィルタカットオフ(ADSR Int)とサウンドレベルの両方に経時的な影響を及ぼすADSRエンベロープが内蔵されています。このセクションには、マスターレベルのコントロールパラメータも含まれています。

図。エンベロープとレベルのパラメータ。

エンベロープとレベルのパラメータ

  • アタックスライダ: 信号が当初の信号レベル(サスティンレベル)に達するのに要する時間を設定します。

  • ディケイスライダ: 信号がアタックレベルからサスティンレベルに下がるまでの時間を設定します。

  • サスティンスライダ: 信号レベル(サスティンレベル)を設定します。

  • リリース・スライダ: 信号がサスティンレベルから0に下がるまでにかかる時間を設定します。

  • 「Volume」ノブ: 全体の出力レベルを設定します。

  • 「Velo Volume」ノブ: 受信したMIDIノートイベントに対するベロシティ感度の量(深さ)を設定します。この値を大きくすると、各ノートを叩く強さに応じて音量が大きくなります。値を小さくすると動的応答が低下するため、最弱音のピアニッシモ(ソフト)と最強音のフォルテ(大音量/ハード)の差が小さくなります。

  • 「VCA Mode」ボタン(コントロール表示): ADSRエンベロープジェネレータでアンプを制御する場合は、「ADSR」をクリックします。キーを押したときにオルガンのような一定の音を出力させる場合は、「Gate」をクリックします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?