Logic Pro X: EXS24 mkIIオプション・ポップアップ・メニューのコマンド

EXS24 mkIIオプション・ポップアップ・メニューのコマンド

「options」ポップアップメニューには、EXS24 mkIIの設定、環境設定、メモリ管理、サンプラー音源管理、および読み込みに関するコマンドがあります。

図。「options」ボタン。
  • デフォルトのEXS24設定を呼び出す: パラメータウインドウのすべてのパラメータ設定をニュートラルな状態に戻します。サンプラー音源のパラメータ調整を「白紙の状態」から始めたい場合に使用します。

  • インストゥルメントから設定を呼び出す: パラメータ設定を現在読み込まれているサンプラー音源の初期状態に戻します。パラメータをうまく調整できず、もう一度サンプラー音源の最初のパラメータ設定に戻したい場合に便利です。

  • 設定をインストゥルメントに保存: パラメータウインドウの現在のパラメータ値をサンプラー音源ファイルに保存します。次回このサンプラー音源を読み込むと、現在の値が呼び出されます。

  • インストゥルメントから設定を削除: サンプラー音源ファイルから保存されている設定(パラメータウインドウの値)を取り除きます。

  • インストゥルメント名を変更: 読み込まれている音源の名前を変更できます。既存の音源名は上書きされます。

  • インストゥルメントを別名で保存: 読み込まれている音源の別名を入力できます。元の名前とサンプラー音源ファイルは維持され、新しくサンプラー音源がコピーで作成されます。

    注記:元の名前が付いたサンプラー音源を使用しているプロジェクトやテンプレートは期待通り動くので、このオプションは問題なく安全に使用できます。

  • インストゥルメントを削除: 読み込まれているサンプラー音源を削除します。

  • (デフォルトのEXS24 mk I設定を呼び出す): 旧バージョンのEXS24で作成されたサンプラー音源のパラメータ設定(特にモジュレーションパス)を呼び出します(EXS24 mkIのモジュレーションパスを参照)。このオプションは、EXS24 mkIIで作成されたサンプラー音源には使用されません。

  • ReCycleインストゥルメントからMIDIリージョンを抽出: ReCycleインストゥルメントに含まれるリージョンを抽出します。ReCycleインストゥルメントが選択されていない場合、このオプションは使用できません。ReCycleファイルをサンプラー音源に変換するを参照してください。

  • 「SoundFontコンバート」/「DLSコンバート」/「Gigaコンバート」: 各フォーマットのファイル変換の手順を説明したダイアログが開きます。詳細については、SoundFont2、DLS、Gigasamplerファイルを読み込むを参照してください。

  • 環境設定: EXS24 mkIIの環境設定を開きます。EXS24 mkIIの環境設定を参照してください。

  • 仮想メモリ: EXS24 mkIIの仮想メモリ機能の設定ダイアログが開きます。仮想メモリを使用すると、オーディオがハードディスクから直接、リアルタイムでストリーミングされるため、サンプルの再生時間をほぼ無制限に長くすることができます。5 GB以上のRAMが搭載されたシステムでは、「仮想メモリ」ダイアログでEXS24 mkIIのシステムメモリへの直接アクセスを有効にできます。EXS24 mkIIのメモリ管理を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?