Logic Pro X: Studio Stringsのキースイッチマッピング

Studio Stringsのキースイッチマッピング

このセクションでは、Studio Strings音源のデフォルトのキースイッチマッピングについて説明します。

アーティキュレーションは、プラグインヘッダの「アーティキュレーション」ポップアップメニューから選択できます。また、演奏や録音中にリモート操作で切り替えることもできます。これにより、たとえば弦楽器セクションのボーイングとスタッカートをすばやく切り替えることができます。ソフトウェア音源のアーティキュレーションを管理するを参照してください。

次の表に、C1(MIDIノート番号24)から始まるデフォルトのキースイッチマッピングを示します。もちろん、キースイッチとして使用するノートをオクターブ単位でトランスポーズすることもできます。

Xはアーティキュレーションが利用可能であることを示します。

キー

MIDIノート番号

アーティキュレーションID

アーティキュレーション

セクション、ダブルベース

バイオリン、ビオラ、チェロ

C1

24

1

Sustain

X

X

C#1

25

31

Tremolo

X

X

D1

26

19

Accented Sustain

X

X

D#1

27

25

Fortepiano Slow

X

X

E1

28

23

Fortepiano Fast

X

X

F1

29

3

Spiccato

X

X

F#1

30

2

Staccato

X

X

G1

31

28

Pizzicato

X

X

G#1

32

29

Trill Semi

X

X

A1

33

30

Trill Whole

X

X

A#1

34

10

Fall Long

X

B1

35

12

Fall Short

X

C2

36

17

Scoop Slow

X

C#2

37

16

Scoop Fast

X

D2

38

21

Crescendo Slow

X

D#2

39

20

Crescendo Fast

X

E2

40

27

Glissando Up

X

F2

41

26

Glissando Down

X

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?