Logic Pro X: モジュレーションの概要

モジュレーションの概要

モジュレーションを使用しない場合、サウンドは聞いていて退屈で疲れるものになる傾向があります。また、ある種の音響モジュレーションが欠落しているために、不自然で人工的な響きにもなります。ビブラートは、オーケストラの弦楽器奏者がよく使用する一種のモジュレーションです。これを使うと、楽器のピッチに動きが加わります。

シンセサイザーのさまざまなコントロールを使って基本的なサウンドパラメータをモジュレートすれば、サウンドが単調になることを回避できます。このために、ES1、ES2、EXS24 mkIIサンプラーなどの多数のシンセサイザーは、モジュレーションルーターを装備しています。また、AlchemyとSculptureは、かなりユニークなモジュレーションオプションを装備しています。

ルーターを使用すると、1つ以上のモジュレーションソース(ほかのパラメータをモジュレートするパラメータまたはコントロール)と1つ以上のモジュレーションターゲット(モジュレートされるパラメータ)を接続(ルーティング)することができます。

以下を含むモジュレーションソースを使用する場合、オシレータのピッチやフィルタカットオフ周波数などのモジュレーションターゲットに影響を与えることができます:

  • ベロシティモジュレーション: キーボード演奏の効果(強弱)によって、さまざまな方法でターゲットをモジュレートできます。モジュレーションコントローラの最も一般的な使用例は、フィルタエンベロープやレベルエンベロープを調整可能な、ベロシティに対する感度を備えたキーボードの使用です。キーを強く叩くと、サウンドはそれだけ大きく、そして明るくなります。

  • キースケール: キーボード上の演奏位置(ノートの高低)によって、さまざまな方法でターゲットをモジュレートできます。キースケールモジュレーションは通常、フィルタカットオフ、レゾナンス、またはその両方を調整して高い音ほど明るく聞こえるようにするために使われます。このような音の特性は多くのアコースティック楽器に見られます。

  • コントロール: キーボードに接続されているモジュレーションホイール、リボンコントローラ、ペダルなどのコントロールを使用できます。モジュレーションホイールは通常、演奏中にピッチベンドを操作するために使われます。

  • 自動モジュレーション: エンベロープジェネレータまたはLFOを使って信号を自動的にモジュレートできます。LFOモジュレーションは通常、持続音のピッチまたはレベルを調整してビブラートやトレモロを加えるために使われます。

モジュレーションソースは、キーボードでノートを演奏する、モジュレーションホイールを動かすなどの、実行した内容によってトリガできます(たいていは実際にトリガされます)。

モジュレーションホイール、ピッチ・ベンド・リボン、フットペダル、キーボードなどの入力オプションは、モジュレーションコントローラ、MIDIコントローラ、または単にコントローラと呼ばれます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?