Logic Pro X: EFM1の概要

EFM1の概要

EFM1は周波数変調(FM)方式によるシンプルかつ強力な16ボイスシンセサイザーです。このシンセサイザーが生み出す豊かな響きのデジタル音声は、FM方式ならではのものでしょう。

シンセサイザーを使うのがはじめての方は、シンセサイザーの基礎の概要を参照してください。そこでは、用語の意味、およびさまざまな合成システムの概要とその動作について学ぶことができます。

図。メインのインターフェイス領域が表示されたEFM1のウインドウ。

EFM1の操作画面は複数の領域に分かれています。

  • グローバルパラメータ: 最上段には、EFM1の全体的な調整を行うためのパラメータが並んでいます。一番上のコントロールを使って、「Glide」(ポルタメント)タイムを設定したり、声部数を制限したり、「Unison」を使ってサウンドに厚みを付けたりできます。EFM1のグローバルパラメータを参照してください。

  • 「Modulator」と「Carrier」パラメータ: FMエンジンは、変調波と搬送波のパラメータ(濃い色の部分)、およびFM強度ノブ(中央)で構成されます。これらは、EFM1の基本的なトーンを設定する中心的なコントロールです。変調波と搬送波の概要を参照してください。

  • モジュレーションパラメータ: 中央のT字型領域の上部と下部には、それぞれモジュレーションエンベロープとLFOがあります。これらを使って、サウンドを活性化できます。EFM1モジュレーションパラメータを参照してください。

  • 出力パラメータ: 最下部の出力セクションには「sub osc level」と「stereo detune」ノブがあり、サウンドに厚みを付けるのに使用できます。音量エンベロープの「main level」および「velocity」コントロールは、EFM1の音量レベルの設定に使用します。EFM1出力パラメータを参照してください。

  • 「Randomize」パラメータ: 右下隅にある「Randomize」のフィールドとボタンを使って、現在の設定のランダムなバリエーションを作成でき、新しいサウンドが生まれます。ランダムなEFM1サウンドを作成するを参照してください。

  • 拡張パラメータ: これらのパラメータは、インターフェイスの左下にある三角ボタンをクリックして表示できます。これらのパラメータを使って、MIDIコントローラをFM深度やビブラートパラメータに割り当てることができます。EFM1拡張パラメータおよびEFM1 MIDIコントローラの割り当てを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?