Logic Pro X: Bass Amp DesignerのパラメトリックEQ

Bass Amp DesignerのパラメトリックEQ

Bass Amp Designerには、追加のグラフィックEQまたはパラメトリックEQが備わっています。これらのEQは、右端の「Master」ノブの上にある「EQ」スイッチでオンにします。パラメトリックEQには2つのEQ帯域があります:

  • HiMid: 高域と中高域の周波数を制御します。

  • LoMid: 低域と中低域の周波数を制御します。

図。パラメトリックEQのパラメータ。

パラメトリックEQのパラメータ

  • 「Type」スイッチ: 上の位置をクリックすると、グラフィックEQが選択されます。下の位置をクリックすると、パラメトリックEQが選択されます。

    EQタイプを切り替えたり、追加のEQをオフにしたりしても、グラフィックEQとパラメトリックEQのパラメータ設定は維持されます。これによって、ABパターンをすばやく比較できます。

  • 「Pre/Post」スイッチ: クリックして、追加のEQを信号経路内でコンプレッサーの前(Pre)と後(Post)のどちらに挿入するかを指定します。

    注記:このパラメータは、コンプレッサーがオンになっている場合のみ使用可能になります。

  • 「Gain」ノブ: 「KHz」ノブで設定した周波数帯域に適用するカットまたはブーストの量を調整します。

  • 「KHz」ノブ: 「Gain」ノブでカットまたはブーストする周波数帯域を設定します。

  • 「Q」ノブ: 「KHz」ノブで設定した周波数を取り囲む帯域の幅を設定します。

    「Q」ノブの値を低くすると帯域が広くなり、影響を受ける周波数が増えます。「Q」ノブの値を高くすると帯域が狭くなり、「kHz」ノブで設定した周波数に最も近い周波数のみが影響を受けます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?