Logic Pro X: EXS24 mkIのモジュレーションパス

EXS24 mkIのモジュレーションパス

旧タイプのEXS24(mkI)でスライダとして提供されていた「固定型」のモジュレーションパスの多くが、モジュレーションルーターに統合されました。モジュレーションルーターは旧タイプのEXS24では使用できませんでした。mkIのモジュレーションスライダの設定を再現するには、「options」ポップアップメニューで「デフォルトのEXS24 mk I設定を呼び出す」を選択します。これによって、次のようにmkIのモジュレーションパスがモジュレーションルーターに読み込まれます:

  • VelocityからSample Selectへ

  • モジュレーションホイール(= Ctrl#1)を介してLFO 1からPitchへ

  • VelocityからSample Startへ(inv)

  • モジュレーションホイールを介してLFO 2からFilter Cutoffへ

  • VelocityからFilter Cutoffへ

  • Velocityを介してEnv1からFilter Cutoffへ

  • モジュレーションホイールを介してLFO 2からPanへ

これらのモジュレーションパスの設定は変更でき、EXS24 mkIでは利用できなかったモジュレーションソースを使用することができます。

注記:技術的な理由により、モジュレーションルーターの設定はEXS24 mkIでは使用できません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?