Logic Pro X: EFM1出力パラメータ

EFM1出力パラメータ

EFM1では、次のレベルコントロールを使用できます。

図。出力パラメータ。

出力パラメータ

  • 「sub osc level」ノブ: 低音を強調するサブオシレータ信号を生成します。EFM1には、「Transpose」パラメータで設定するような、FMエンジンより1オクターブ下のサイン波を生成するサブオシレータがあります。「sub osc level」ノブを上げると、サブオシレータのサイン波とFMエンジン出力がミックスされます。

  • 「stereo detune」ノブ: サウンドにコーラス効果を付加します。これには、EFM1の音声に、ほんの少し高さをずらした2つめのFMエンジンの信号を重ね合わせるという方法が用いられます。値を大きくすると、左右のステレオ効果が増して、音に広がりや奥行きが加わります。

    注記:このパラメータを使うことで、モノラルの互換性が失われることがあります。

  • 音量エンベロープ: 音量の経時的な変化を指定します。MIDIノートイベントごとに音量エンベロープのトリガがかかります。

    • 「Attack」スライダ: 最大音量レベルに到達するまでの時間を設定します。

    • 「Decay」スライダ: サスティンレベルに到達するまでの時間を設定します。

    • 「Sustain」スライダ: MIDIノートがリリースされるまで保持するレベルを設定します。

    • 「Release」スライダ: MIDIノートがリリースされてから、レベルがゼロになるまでの時間を設定します。

  • 「main level」ノブ: 全体の出力レベルを設定します。

  • 「velocity」ノブ: 受信したMIDIベロシティメッセージに対する感度を設定します。EFM1は、MIDIベロシティに動的に反応します。ベロシティ値が大きいほど、明るくて大きな響きになります。ベロシティ値を無視したい場合は「velocity」ノブを左いっぱいまで(反時計回りに)回します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?