Logic Pro X: Sculptureのオブジェクトを使ってみる

Sculptureのオブジェクトを使ってみる

弦の振動を励起または妨害するのに、タイプの異なるオブジェクトが最大3つ使われます。

ヒント:先に進む前に、Controlキーを押したまま弦(ピックアップディスプレイの緑色の水平線)をクリックして、ショートカットメニューから「Enable String Animation」を選択します。有効な場合は、ノートを演奏すると弦が振動するので、オブジェクトとピックアップの影響を見た目で簡単に確認できます。

図。弦のオブジェクト。

Sculptureでオブジェクトを使ってみる

  1. 設定ポップアップメニューから「設定をリセット」を選択して、「#default」(または出荷時設定を保存しておいた「vanilla」)設定ファイルを再度読み込みます。

  2. キーを繰り返し押しながら、Object 1ボタンをクリックして選択解除します。Object 1の選択が解除されるとサウンドが停止します。弦自体は、少なくとも1つのオブジェクトによって刺激されない限り、サウンドを作り出すことはありません。ボタンをもう一度クリックすると、もう一度オンになります。

  3. Object 1の「Type」ポップアップメニューから各メニュー項目を選択します。項目を選択したときに何度か音を弾いて、各オブジェクトタイプが弦に与える影響を耳で確認してみてください。弦のアニメーションから目を離さないでください。Object 1は、励起タイプのみ使用できることに注意してください。Object 2は、励起と減衰のどちらのタイプも使用できます。Object 3は、減衰タイプのみ使用できます。

  4. 「Strength」ノブを調整します。大幅に変更する場合は垂直方向に、微調整する場合は水平方向にドラッグします。調整しながら、ノートを何度か弾いてみましょう。

  5. キーを押しながら、「Timbre」および「VeloSens」の矢印を異なる位置にドラッグして、その変化を試聴します。

  6. 「Variation」パラメータが及ぼす影響は、オブジェクトのタイプごとに異なります。いろいろと試してみましょう。

  7. 「Gate」設定をそれぞれ試してみてください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?