Logic Pro X: EXS24 mkIIのインストゥルメントエディタの概要

EXS24 mkIIのインストゥルメントエディタの概要

インストゥルメントエディタは、サンプラー音源の作成と編集に使用します。サンプラー音源はゾーンとグループで構成されます:

  • ゾーンとは、個々のサンプル(オーディオファイル)がハードディスクから読み込まれる場所のことです。ゾーンパラメータは、ゾーンビューで編集できます。

  • ゾーンはグループに割り当てることができます。グループには、グループ内のすべてのゾーンを同時に編集できるパラメータがあります。グループは必要な数だけ定義できます。グループのパラメータは、グループビューで編集できます。

注記:インストゥルメントエディタは、ホストアプリケーションで「環境設定」>「詳細ツール」>「詳細編集」が有効になっているときのみ利用できます。

EXS24 mkIIのインストゥルメントを作成するEXS24 mkIIのゾーンを作成するEXS24 mkIIのグループを作成する、およびゾーンおよびグループの編集の概要を参照してください。

インストゥルメントエディタ・ウインドウにはゾーンビューとグループビューの2つがあります。  ゾーンビューでは、ゾーンとそのパラメータがパラメータ領域に表示されます。グループビューでは、グループとそのパラメータが表示されます。EXS24 mkIIのゾーンおよびグループビューを参照してください。

重要:EXS24 mkIIとLogic Pro Xは統合の度合いが高いため、このマニュアルで説明されている機能にはMainstage 3では使用できないものもあります。Mainstage 3ではAuto Samplerユーティリティを使用できます。

EXS24 mkIIインストゥルメントエディタを開く

  • 「edit」ボタンをクリックすると、パラメータウインドウが開きます。

    図。「edit」ボタン。

    注記:サンプラー音源が読み込まれていない場合は、「edit」ボタンをクリックすると、新しいサンプラー音源が自動的に作成されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?