Logic Pro X: ES2のWheelrocker設定

ES2のWheelrocker設定

このありふれたオルガン用の設定では、特に技巧を凝らした設計がなされているわけではありません。3つのオシレータを組み合わせ、波形レベルをミックスしただけのものです。思い描いているオルガンサウンドにより近い組み合わせが、何通りも見つかるでしょう。デジウェーブも試してみてください。

モジュレーションホイールを動かしたときの音の変化に着目してください。コードを鳴らしたまま、ホイールを上端(最大限)までゆっくりと動かしてみましょう。このモジュレーションホイールの操作は、加速中のレスリー・ロータリー・スピーカーをシミュレートするためのものです。

モジュレーション経路では次のように処理が行われます:

  • 1番モジュレーション経路は、エンベロープ2をモジュレーションソースとしてフィルタ1をモジュレートします(フィルタを使うのはここだけです)。このエンベロープで、オルガンのキーを押したときの小さなクリック音が生成されます。高音域を最大値で演奏している場合、(「via」を「Kybd」に設定することで)フィルタがわずかに開いた状態になります。

  • 2番および3番モジュレーション経路は、LFO1をモジュレーションソースとしてオシレータ2および3の出力にビブラートをかけ、位相をずらします。

  • 4番モジュレーション経路は調整の必要がありませんが、自由に設定してかまいません。これは、「ENV1」を使って波形テーブルの波形を「順次切り替える」ように設定されています。よりパイプオルガンに近いサウンドにするには、ENV1のディケイを調整します。波形テーブルをスイープするには、ENV1のアタックを調整します。

  • 5番モジュレーション経路は全体の音量を抑制します。個人的な好みですが、すべてのモジュレーションを最大値まで強めたときでもオルガンの音量が急に大きくならないようにしました。

  • 6番および7番モジュレーション経路は、オシレータ2および3のチューニングを、全体としての音のチューニングはずれないように上下に同じ量だけずらします。2番/3番モジュレーション経路と同様、2つが組になっています。オシレータ1のピッチは固定です。

  • 8番モジュレーション経路では、LFO 1をモジュレーションソースとしてパンが動き、ピッチがモノラルからステレオに変化します。ロータリー(レスリースピーカー)をアイドル位置でゆっくり回転させて、フルステレオにしたような効果を得たい場合は、回転速度に合わせてLFOの発振周波数を低く設定してください。逆に大きめの値も試してみましょう。左右がはっきりと分かれて聞こえるようになります。

  • 9番モジュレーション経路では、LFO2の変調周波数が増加します。

  • 10番モジュレーション経路:   若干のカットオフをフィルタ1に加え、ロータリーの回転を強めます。

自分で納得できる値を試してみてください。その際、2番と3番モジュレーション経路の位相、6番と7番モジュレーション経路のピッチは、上下に同じ量だけ増減する必要があることを忘れないでください。Pitch 2の最大値を負の値まで下げた場合、Pitch 3の最大値も同じ量だけ上げる必要があります。6番と7番モジュレーション経路についても同様です。

LFO1によるピッチやパンの動きは、LFO2を使うとさらに大きくなります。2番および3番モジュレーション経路のLFO 1をLFO 2に変えてみてください。ロータリーの回転を加速するためのモジュレーションソースがなくなってしまうので、単にフェードインするだけになります。あるいは、第2の回転効果のために別のモジュレーションの1つを犠牲にすることになります。

常時鳴らしておく持続音のパンを変化させるには、Unisonモードの設定を参考に少々チューニングをずらして使ってみてもよいでしょう(必ずアナログパラメータで調整してください)。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?