Logic Pro X: Ultrabeatのノイズジェネレータ

Ultrabeatのノイズジェネレータ

Ultrabeatのノイズジェネレータでは、さまざまなパーカッションサウンドやサウンド要素を作成できます。ノイズジェネレータにはUltrabeatのメインのフィルタとは別に動作する独自のフィルタがありますが、このノイズジェネレータフィルタをサウンド全体に使用することもできます。

技術的には、ノイズ信号にはあらゆる音の周波数がほぼ均等な音量レベルで含まれています。スペクトル内のすべての周波数が聴こえるため、ノイズ信号内のどの調性(ピッチ)も人間が聴き分けることは困難です。それにもかかわらず(あるいはその直接的な結果として)、ノイズはドラムサウンドを作成するためには欠かせない要素です。

図。ノイズジェネレータ。

ノイズ・ジェネレータ・パラメータ

  • オン/オフボタン: ノイズジェネレータのオン/オフを切り替えます。ドラムサウンドをプログラミングする場合、個々の音源をオンにしたりオフにしたりできます。この方法でサウンドの各コンポーネントを個別に聴いたり、削除したりすることもできます。

  • フィルタ・タイプ・ボタン: ノイズジェネレータの内蔵フィルタのフィルタ・タイプをローパス、ハイパス、バンドパスから切り替えます。

    • 「LP」(ローパス): このフィルタ・タイプにすると、カットオフ周波数より下の周波数成分が通過(パス)するようになります。フィルタのスロープは12 dB/Octに固定されます。

    • 「HP」(ハイパス): このフィルタ・タイプにすると、カットオフ周波数より上の周波数成分が通過(パス)するようになります。フィルタのスロープは12 dB/Octに固定されます。

    • 「BP」(バンドパス): 中心周波数(「cut」ノブで指定)の周囲の周波数範囲を通過(パス)させます。それ以外の周波数はすべて遮断されます。この周波数帯域の幅は、「Res」パラメータで決まります。バンドパスフィルタは、周波数帯の中心周波数の両側でスロープが6 dB/Octである、ローパスフィルタとハイパスフィルタを組み合わせたものと考えることもできます。

    • 「byp」(バイパス): 内蔵フィルタを無効にします。

  • 「cut」(カットオフ)ノブと「res」(レゾナンス)ノブ: ノブを回して、ノイズジェネレータの内蔵フィルタのカットオフ/中心周波数とレゾナンス/帯域幅の動作を指定します。

    • 「cut」ノブは、信号がブーストまたはカットされる、周波数スペクトルの位置を定義します。「cut」ノブの値を調節することで、選択したフィルタ・タイプに応じて、サウンドを暗くしたり(LP)、細くしたり(HP)、鼻にかかったようにしたり(BP)することができます。カットオフは、「mod」および「via」ポップアップメニューのソースによってモジュレートできます。

    • 「res」の値を大きくすると、カットオフ周波数の周辺の周波数が増大します。値は、0(増加なし)から、レゾナンスの値が高くてフィルタの自励発振が起きるまでの範囲となります。自励発振は、アナログフィルタ回路では一般的な現象です。自励発振は、レゾナンスの値が大きく、フィルタが自己フィードバックして固有周波数で振動を始めたときに発生します。

  • 「dirt」ノブ: 大きい値にすると、ホワイトノイズ信号が変化して、ざらつき感が増えます。「dirt」パラメータは、「res」の値が高い場合に特に有効です。「dirt」は、「mod」および「via」ポップアップメニューのソースによってモジュレートできます。

  • 「vol」ノブ: ノブを回して、ノイズジェネレータの出力レベルを設定します。音量は、「mod」および「via」ポップアップメニューのソースによってモジュレートできます。

  • 信号経路ボタン: ノイズジェネレータの信号をメインのUltrabeatフィルタを経由してルーティングするか、EQ(出力)セクションへ直接送るかを指定する場合に使用します。オンになっている場合はボタンが点灯し、矢印で信号経路の向きが示されます。

    注記:信号経路ボタンは、ノイズジェネレータ内の独立したフィルタには影響を与えません。独立したフィルタを無効にするには、「byp」ボタンを使います。したがって、ノイズジェネレータの信号を2回フィルタリングできます。ノイズジェネレータの信号にメインフィルタをバイパスさせ、メインフィルタはほかのドラムサウンド処理のために開放しておくとよい場合もあります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?