Logic Pro X: AlchemyのPerformanceコントロールエンベロープ

AlchemyのPerformanceコントロールエンベロープ

シンプル表示が有効になっているか、ほかの表示の「Perform」/「Arp」/「Effects」セクションの「Perform」ボタンがオンになっていると、Performanceコントロールサブページが表示されます。

4つのエンベロープ・コントロール・ノブがあります。デフォルトでは、これらのノブはAlchemyのメインのレベルエンベロープ(AHDSR 1)の対応するパラメータにリンクしていますが、ほかのパラメータに割り当て直すこともできます。Controlキーを押したまま任意のノブをクリックすると、便利なコマンドをいくつか備えたショートカットメニューが開きます。Performanceコントロールノブのショートカットメニュー項目を参照してください。

図。Performanceコントロールセクションのエンベロープノブ。

エンベロープのコントロール

  • 「Attack」ノブ: 「AHDSR1」のアタック時間を設定するか、割り当てたパラメータの値を調整します。

  • 「Decay」ノブ: 「AHDSR1」のディケイ時間を設定するか、割り当てたパラメータの値を調整します。

  • 「Sustain」ノブ: 「AHDSR1」のサスティンレベルを設定するか、割り当てたパラメータの値を調整します。

  • 「Release」ノブ: 「AHDSR1」のリリース時間を設定するか、割り当てたパラメータの値を調整します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?