Logic Pro X: Retro Synthのグライドおよびオートベンド

Retro Synthのグライドおよびオートベンド

グライドモードにすると、演奏したノートのピッチが次のノートのピッチに滑らかに移行します。オートベンドを使うと、キーを押したときにノートのピッチが自動的にベンドします。

「Voices」コントロールでレガートを選択した場合は、グライドモードの動作が変わります。Retro Synthのグローバル/コントローラ設定を参照してください。

図。Retro Synthのグライド/オートベンドパラメータ。

グライド/オートベンドパラメータ

  • オン/オフボタン: グライド/オートベンドセクションのオン/オフを切り替えます。

  • ベンド・タイプ・ポップアップメニュー: 「Glide」または「Autobend」モードを選択します。

  • 「Mode」ポップアップメニュー: ベンドしたいパラメータを選択します。以下のいずれかのオプションを選択できます: 「Osc1 + Sine」、「Osc2」、「All Osc」、「Opposed」(一方のオシレータが上にベンドし、もう一方のオシレータが同じ量だけ下にベンドする)、および「Osc + Filter」。

  • 「Time」ノブ: ノートのピッチが次のノートのピッチに移行するのにかかる時間を設定します。

  • 「Depth」ノブ: (「Autobend」モードのみ)ピッチベンドの範囲を±3オクターブ内で設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?