Logic Pro X: Vintage B3のドローバーコントロール

Vintage B3のドローバーコントロール
図。Vintage B3のドローバーコントロール。

Vintage B3には、上段と下段の鍵盤用に9本ずつ、ペダル鍵盤用に2本の、合計20本のドローバーがあります。上鍵盤のドローバーは左側に、ペダル鍵盤のドローバーは中央に、下鍵盤のドローバーは右側に表示されます。

ドローバーを下にドラッグすると、対応する周波数成分の音が大きくなります。標準的なMIDIフェーダーユニットでドローバーを操作する場合も、MIDIコントロールを動かす向きが逆になります。

各周波数成分は、特定のレベルでミックスされたサイン波です。このレベルをドローバーの位置で指定します。このように周波数成分を追加して、上下の鍵盤で演奏するオルガン全体のサウンドを作り上げます。これは、基本的な加算方式の音声合成です。詳しくは、ドローバーによる加算方式の音声合成を参照してください。ドローバーを操作しながら演奏すれば、加算方式の音声合成の基本的な原理はすぐに理解できます。

低音域のペダル鍵盤用には2本のドローバーを使用できます。ペダル鍵盤による低音の波形は、上下の鍵盤による音の波形とは異なり、純粋なサイン波ではありません。ペダル鍵盤の音には、B3の低音を忠実に再現する、ミックスされた波形が使用されます。2つのレジスタ(ストップ)はピッチが異なり、左側の16フィートレジスタはオクターブの倍音を多く含みます。右側の8フィートレジスタでは、5度の成分(第5ハーモニクス)が強調されて聞こえます。フィートという用語は、パイプオルガンのパイプの長さに由来しています。

ハモンドオルガンの中で最初に作られたモデルAの動作をシミュレートできます。モデルAでは、最低オクターブの16フィートドローバーにフォールドバックがありませんでした。低域の12のトーンジェネレータ出力は、鍵盤の低域オクターブの第1ドローバーで出すことができました。フォールドバックがないとペダルサウンドに似た耳障りな音になります。コントロール表示で、「Bass」ポップアップメニューから「all the way down」を選択することで、このモデルAをシミュレートできます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?