Logic Pro X: Wavesetメニュー機能を使う

Wavesetメニュー機能を使う

Retro Synthの「Waveset」メニューを使用して、カスタムの波形テーブルを作成および管理できます。

「Waveset」メニュー

  • Reverse Wavetable Order: 読み込まれている波形テーブルを逆順で演奏します。たとえば、10個の波形を含む波形テーブルを逆順にすると、波形10から1の順で演奏されます。

  • Create Wavetable from Audiofile: カスタムの波形テーブルとして使用するオーディオファイルを選択するためのファイルブラウザを開きます。

  • Save Wavetable as: カスタムの波形テーブルに名前を付けて保存するためのファイルブラウザを開きます。

  • Delete User Wavetable: 読み込まれているユーザの波形テーブルを削除します。

  • Default Waveset: デフォルトの波形セットを読み込みます。この波形セットとカスタムの波形セットは切り替えることができます。

  • Custom Waveset: カスタムの波形セットを読み込みます。この波形セットとデフォルトの波形セットは切り替えることができます。

カスタムの波形テーブルを作成する

一定のピッチの1つ以上のセクションを含むカスタムの波形テーブルを、オーディオファイルから作成することができます。複数のセクションが使われる部分は、無音のセクションがその輪郭を描きます。

セクション内の音色変化は、調整可能なパラメータによって自動的に検出され、音色が変化するたびに波形テーブルのエントリーが追加されます。非常に高速で変化すると予測できない結果となる可能性があるため、セクション内での音色変化の速度は制限してください。

可能な場合、ソースのオーディオファイルを作成するときは、ピッチが一定の複数のオーディオセクションを使用してください。ピッチが一定のファイルでは、セクション間に無音を挿入する必要はありません。

  1. 「Table」モードで、「Waveset」ポップアップメニューから「Create Wavetable from Audiofile」を選択します。

    注記:使用するオーディオファイルを「Shape 1」ノブにドラッグすることもできます。

  2. ファイルブラウザで、オーディオファイルを選択します。

  3. 左下隅にある開閉用三角ボタンをクリックして、「Analysis」メニューから項目を選択します。

    このパラメータで、連続するオーディオセクション内での検出感度を変更します。オーディオ素材に最適なアルゴリズムを選択してください。

  4. 「Waveset」ポップアップメニューから「Save Wavetable as」を選択してから、ファイルブラウザで新しい波形セットに名前を付けます。

    新しい波形テーブル名が「Waveset」ポップアップメニューに表示されます。名前を選択すると読み込まれます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?