Logic Pro X: Sculptureのモーフ・エンベロープ・モード

Sculptureのモーフ・エンベロープ・モード

「Mode」ボタンを使ってモーフエンベロープを有効にし、モードを選択できます。

  • 「Pad」、「Env」ボタンがいずれもオフ: モーフ機能は無効です。

  • 「Pad」のみ: エンベロープは無効になり、モーフ機能はモーフボールまたはX/Y MIDIコントローラだけで制御されます。

  • 「Env」のみ: エンベロープは有効ですが、モーフボールおよびX/Y MIDIコントローラは無効になります。

  • 「Env」+「Pad」: エンベロープは有効で、モーフボールまたはX/Y MIDIコントローラの位置はエンベロープの動作に対するオフセットとして使用されます。

  • オフセットボタン: 「Env」+「Pad」モードのときに、以下のメニュー項目から選択できます:

    図。モーフエンベロープの「Mode」ポップアップメニュー。
    • Offset: デフォルトのモードです。この動作については、「Env」+「Pad」モードと同じです。  エンベロープは有効で、モーフボールまたはX/Y MIDIコントローラの位置はエンベロープの動作に対するオフセットとして使用されます。

    • Point Set: エンベロープは有効です。選択したエンベロープポイントは、パッド上のモーフボールを移動させるか、MIDIコントローラ(「MorphX」および「MorphY」コントローラの割り当て)によって編集できます。

    • Point Solo: エンベロープがいわば「スナップショット」モードになります。選択されたエンベロープポイントは、モーフボールを移動することで編集できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?