Logic Pro X: Step FXのプロセッサ

Step FXのプロセッサ

Step FXのすべてのプロセッサのパラメータについて、以下の各セクションで説明します。

図。Step FXのプロセッサ。

Mod FXのパラメータ

モジュレーションFXユニットでは、ソフトなサウンドから音色の強烈なワーピングまでの、コーラスのようなエフェクトを備えています。

  • オン/オフボタン: Mod FXユニットのオン/オフを切り替えます。

  • 「Delay」ノブ/フィールド: ディレイ時間の初期値を設定します。

  • 「Rate」ノブ/フィールド: モジュレーションエフェクトのLFOの速度を設定します。

  • 「Depth」ノブ/フィールド: モジュレーションエフェクトの強さを設定します。

  • 「Feedback」ノブ/フィールド: 入力に戻されるエフェクト信号の量を設定します。奇妙なサウンドを作りたい場合は、レベルを高くしてください。

  • 「Mix」ノブ/フィールド: 原音信号とモジュレートした信号のレベルを設定します。これはモジュレーションの量のコントロールです。

ディレイパラメータ

内蔵フィルタの付属した同期可能なステレオ・ディレイ・ユニットです。Step FXのフィルタ・タイプを参照してください。

  • オン/オフボタン: ディレイエフェクトを有効/無効にします。

  • フィルタ・タイプ・ポップアップメニュー: ローパス(LP)、バンドパス(BP)、ハイパス(HP)、またはローパス/ローカットのハイブリッド(LP+LoCut)のフィルタ・タイプを選択します。

  • 「Feedback」ノブ/フィールド: 左右のディレイ信号のフィードバックの量を設定します。値を上げるとディレイリピートの回数が増えます。

  • 「Cutoff」ノブ/フィールド: 選択したフィルタ・タイプのカットオフ周波数を設定します。信号全体から選択した周波数をフィルタリングします。

  • 「Mix」ノブ/フィールド: ソース信号とディレイ信号のレベルを設定します。

  • 「Sync」ボタン: オンにすると、ディレイリピートがプロジェクトのテンポと同期します。オフにすると、ディレイ時間を自由に設定できます。「Time L」/「Time R」ノブで時間/拍/ディビジョンの値を設定します。

  • 「Time L」/「Time R」ノブ/フィールド: プロジェクトテンポに同期させるときのディレイ時間をミリ秒または拍/ディビジョンの値で設定します。

フィルタのパラメータ

フィルタユニットは数十種類のフィルタを備えています。Step FXのフィルタ・タイプを参照してください。

  • オン/オフボタン: フィルタエフェクトを有効/無効にします。

  • 「タイプ」ポップアップメニュー: フィルタの特性を選択します。選択肢ごとに、音色と、「Cutoff」および「Res」のコントロール値に対する反応が異なります。

    注記:選択したフィルタ・タイプによって、デフォルトの「Cutoff」ノブおよび「Res」ノブの名前と機能が変わることがあります。

  • 「Cutoff」ノブ/フィールド: フィルタのカットオフ周波数を設定します。高い周波数は減衰され、低い周波数はローパス(LP)フィルタを通過できます。ハイパス(HP)フィルタではこの逆になります。バンドパス(BP)モードの場合、通過できる帯域の中心周波数はカットオフによって決まります。コムなどのフィルタ・タイプでは、フィルタコントロールの名前と動作が変わります。

  • 「Res」ノブ/フィールド: カットオフ周波数に近い周波数帯の信号をブーストまたはカットします。「Res」の値を非常に高くすると、カットオフ周波数でフィルタが発振し始めます。レゾナンスの値が最大になる前に、この自励発振が生じます。

  • 「Mix」ノブ/フィールド: 原音信号とフィルタをかけた信号のレベルを設定します。

ディストーションパラメータ

ディストーションユニットでは、特定のパートに色付けしたり飽和した音色を加えたりできます。

  • オン/オフボタン: ディストーションエフェクトを有効/無効にします。

  • 「Exciter」ノブ/フィールド: 励起の量を設定します。Exciterは、ノンリニアのディストーションをかけて、元の信号には存在しない高周波成分を生成します。

  • 「Dirt」ノブ/フィールド: 芯のある飽和状態のディストーション特性の量を設定します。

「Reverb」パラメータ

パートのサウンドに広がりを与えることができるシンプルなリバーブユニットです。

  • オン/オフボタン: リバーブエフェクトを有効/無効にします。

  • 「Type」ポップアップメニュー: リバーブの特性を選択します。選択肢ごとに、音色と反応が異なります。

  • 「Time」ノブ/フィールド: リバーブテールの長さを設定します。

  • 「Mix」ノブ/フィールド: 原音信号とリバーブ信号のレベルを設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?