Logic Pro X: Retro SynthのLFOおよびビブラート

Retro SynthのLFOおよびビブラート

Retro SynthのLFO(低周波オシレータ)は、マルチウェーブを生成するポリフォニックのモジュレーションジェネレータで、ボイス(演奏したノート)ごとにモジュレーションがかかります。複数のモジュレーションターゲットのソースとして使用できます。

また、Retro Synthにはピッチモジュレーション専用のビブラートLFOがあります。

オシレータといっても、LFOの信号は音としては聞こえません。しかし、その効果は明らかに現れます。LFOは、シンセサイザーのほかのセクションで生成された音をモジュレートするためにだけ使います。

図。Retro SynthのLFO/ビブラートパラメータ。

LFO/ビブラートのパラメータ

  • 「LFO」/「Vibrato」タブ: LFOとビブラートのパラメータのパネルを切り替えます。

  • 「Waveform」ディスプレイ: ディスプレイの上にあるボタンをクリックして、LFOまたはビブラートの波形を個別に選択します。

    • ノコギリ波では、泡が立つようなリズミックな効果が生まれす。

    • 三角波は、ビブラートなど均一にモジュレートされた効果に適しています。

    • 矩形波では、2つの値が交互に切り替わります。オシレータのピッチとその5度上のピッチを交互に切り替えるといった効果を出すことができます。

  • LFO Syncスイッチ: オンにすると、モジュレーションの速度がホストのテンポと同期します。オフにすると、モジュレーションの速度を手動で調整できます。

  • 「Rate」スライダ: LFOまたはビブラートの最大速度をそれぞれ設定します。

  • ソース・ポップアップ・メニュー: LFOまたはビブラートの出力レベルのコントロールソースとして、MIDIキーボードの「Mod Wheel」、「Aftertouch」、または「Modwheel+Aftertouch」を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?