Logic Pro X: Sculptureのサラウンドの範囲と広がり具合

Sculptureのサラウンドの範囲と広がり具合

サラウンドインスタンスの場合には、Sculptureの拡張パラメータ領域に「Surround Range」と「Surround Diversity」のパラメータが表示されます:

図。「Surround Range」および「Surround Diversity」パラメータ。

サラウンドパラメータ

  • 「Surround Range」スライダ: ドラッグして、サラウンドアングルの幅(サラウンドフィールドの幅)を設定します。ピックアップのパン位置に1.0の量でLFOがルーティングされているとします。LFOの波形をSawtoothに設定して「Surround Range」を360に設定すると、出力されるボイスが円周運動をする(サラウンドサークル全体を回る)ようになります。「Surround Range」パラメータは、「Key」および「Pickup」パラメータの広がり具合にも同様の影響を与えます。

  • 「Surround Diversity」スライダ: ドラッグして、サラウンドスピーカーに対する出力信号の広がり具合を設定します。値を0に設定すると、元の信号位置に最も近いスピーカーのみから信号が出力されます。値を1に設定すると、すべてのスピーカーから同じ量の信号が出力されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?