Logic Pro X: Sculptureのほかの処理パラメータ

Sculptureのほかの処理パラメータ

信号はピックアップから処理セクションに送信されます。処理セクションは、ADSRが装備された振幅ステージ(中央にある丸い「Material」パッドの右)、Waveshaper(ウェーブ・シェイピング・カーブのタイプを選択可能。丸い「Material」パッドの上)、およびマルチモードフィルタ(丸い「Material」パッドの下)から構成されます。これまでに紹介した要素はすべてボイスごとに存在します。

ピックアップから出力されるすべてのボイス信号は加算処理され、内蔵のディレイエフェクト(丸い「Material」パッドの右上)によって処理されます。

そこから、EQと似たモジュール(Body EQ、「Material」パッドの右下)に信号が送信され、インストゥルメントのスペクトル・シェイプ/ボディ・レスポンスがグローバルにシミュレートされます。ボディタイプはいくつかあるので、そこから目的のものを選択します。

こうして処理された信号が、「Level」/「Level Limiter」セクション(右端)に送られます。

ヒント:パラメータを自由に試してみてください。毎回「#default」(または出荷時設定を保存しておいた「vanilla」)設定ファイルを使用してください。そうすれば、個々のパラメータとそのパラメータがサウンドに与える影響についての全体像が把握できるはずです。

Sculptureインターフェイス下部にあるこれ以外のパラメータ(モジュレーション、モーフ、エンベロープ、コントローラアサインメント)はどれも、コア合成エンジンの一部ではありません。ただし、これらもコア合成エンジンに影響を及ぼす可能性があります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?