Logic Pro X: Ringshifterのエンベロープ・フォロワー・モジュレーション

Ringshifterのエンベロープ・フォロワー・モジュレーション

オシレータセクションの「Frequency」パラメータと出力セクションの「Dry/Wet」パラメータは、内部のエンベロープフォロワーとLFOでモジュレートできます(LFOについては、RingshifterのLFOモジュレーションを参照)。オシレータの「Frequency」では0 Hz付近までモジュレーションできるため、オシレーションの方向も変更できます。

エンベロープフォロワーは、入力信号の振幅(音量)を分析して、常に変化する制御信号を発信します。これは入力信号の動的音量エンベロープと呼ばれます。この制御信号はモジュレーションにも使用されます。

図。エンベロープフォロワー

エンベロープフォロワーパラメータ

  • 「Power」ボタン: エンベロープフォロワーのオン/オフを切り替えます。オンにすると、以下のパラメータを使用できます。

  • 「Sens」スライダ/フィールド: 入力信号に対するエンベロープフォロワーの感度を設定します。低めに設定すると、エンベロープフォロワーは最も強い信号のピークにだけ反応します。高めに設定すると、エンベロープフォロワーは信号をより厳密に追跡しますが、動的な反応が弱くなることがあります。

  • 「Attack」スライダ/フィールド: エンベロープフォロワーの応答時間を設定します。

  • 「Decay」スライダ/フィールド: エンベロープフォロワーが高い値から低い値に戻るまでの時間を設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?