Logic Pro X: ES2のオシレータパラメータの概要

ES2のオシレータパラメータの概要

ES2のオシレータでは、1つ以上の波形を生成できます。信号が、シンセサイザーエンジンのほかの部分に送信されて、加工、処理、または操作が行われます。

  • オシレータ2とオシレータ2はほぼ同一ですが、オシレータ1とは異なります。

  • オシレータ1の周波数をオシレータ2を使ってモジュレートすれば、FM音源として使用できます。

  • オシレータの2および3は、オシレータ1と同期するかリングモジュレーションして使うことができます。また、各オシレータとも矩形波を発振でき、ユーザが固定パルス幅を設定するか、パルス幅変調(PWM: Pulse Width Modulation)を使用できます。

  • モジュレーションルーターを使用すると、オシレータ1で生成した矩形波のパルス幅と、オシレータ2および3の出力を同期またはリングモジュレーションしてできた矩形波を同時に変更できます。

図。オシレータパラメータ。

オシレータパラメータ

  • オシレータのオン/オフボタン: 各オシレータの右にある番号をクリックすることで、個別にオン/オフできます。ボタンの番号が緑色で表示されているオシレータは、有効です。ボタンの番号がグレイで表示されているオシレータは、無効です。オシレータを無効にすると、コンピュータの処理能力を節約できます。

  • 波形ノブ: オシレータが生成する波形を設定します。波形により、基本的な音色が決まります。ES2の基本的なオシレータ波形を参照してください。

  • 粗調整用周波数ノブ: ± 3オクターブの範囲の半音単位でオシレータのピッチを設定します。1オクターブは12半音に相当するので、± 12、± 24、± 36の目盛はオクターブ単位にあたります。

  • 微調整用周波数値フィールド: オシレータの周波数(ピッチ)を微調整します。左側の数字は半音単位(s)、右側の数字はセント単位(c、1セントは1/100半音)で設定します。たとえば、「12 s 30 c」とすれば、「0 s 0 c」よりも1オクターブ(12半音)と30セント高い周波数で発振するようになります。値を調整するには、各値の上を縦方向にドラッグします。

  • オシレータミックス(三角領域): 三角領域内のポインタを動かして、3つのオシレータ間のクロスフェード(レベルの相対関係)を設定します。ES2オシレータのレベルバランスを設定するを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?