Logic Pro X: EXS24 mkIIのゾーンを作成する

EXS24 mkIIのゾーンを作成する

ゾーンとは、個々のサンプル(オーディオファイル)が読み込まれる場所のことです。ゾーンに読み込まれたサンプルはメモリ(コンピュータのRAM)に格納されます。ゾーンには、サンプルの再生を制御するパラメータが用意されています。たとえば、キー範囲(どのノート範囲にサンプルがあるのか)やルートキー(サンプルが本来のピッチで再生されたときのノート)を各ゾーンに対して設定できます。このほかにも、サンプルの開始位置と終了位置、ループポイント、音量など、数多くのパラメータを設定できます。ゾーンは好きな数だけ定義できます。

ゾーンを作成してサンプルを割り当てる

  1. 「ゾーン」>「新規ゾーン」と選択します(または「新規ゾーン」キーコマンドを使用します)。

    新しいゾーンエントリーがインストゥルメントエディタに表示されます。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「オーディオファイル」カラムの空の領域をダブルクリックします。

    • 「オーディオファイル」カラムの矢印をクリックし、ポップアップメニューから「オーディオサンプルを読み込む」を選択します。

      図。「オーディオサンプルを読み込む」が表示されたポップアップメニュー。
  3. 目的のオーディオファイルを選択します。

    • 「使用中のオーディオファイルを隠す」チェックボックスを選択すると、現在読み込まれているサンプラー音源で使用しているファイルが淡色表示になります。

    • 「オーディオファイルをEXSインストゥルメントでプレビュー」チェックボックスを選択すると、現在選択中のゾーンのサンプルファイルが一時的に置き換わります。このオプションを選択することでゾーンが直接トリガされることはありませんが、ファイル選択ダイアログボックスで異なるファイルが選択されている間はMIDIノートを鳴らすことによってトリガできます。選択したサンプルは、ゾーンの一部として、あらゆるシンセサイザー処理(フィルタ、モジュレーションなど)も含めて聴くことができます。

  4. 現在選択しているサンプルファイルをループ再生するには、「再生」ボタンをクリックします。

    • 「再生」ボタンをもう一度クリックすると、再生は停止します。

    • 「再生」ボタンをクリックし、↓キーを使うか個々のファイルをクリックしてファイルを切り替えると、各ファイルを順番に試聴できます。

  5. 使用するサンプルが見つかったら、「開く」ボタンをクリックしてゾーンに追加します。

    サンプルが読み込まれると、サンプルの名前が「オーディオファイル」の「名前」フィールドに表示されます。

1つのオーディオファイルをキーにドラッグしてゾーンを作成する

  • オーディオファイルを画面上のキーボードのいずれかのキーにドラッグします。

開始キー、終了キー、およびルートキーはすべて、ファイルがドラッグされたノートに設定されます。オーディオファイルはブラウザ、プロジェクト・オーディオ・ブラウザ、およびFinderからドラッグできます。

1つのオーディオファイルをキー範囲にドラッグしてゾーンを作成する

  • オーディオファイルをゾーン領域に直接ドラッグして、新しいゾーンを作成します。

    図。オーディオファイルをドラッグする。

    ゾーンのルートキーとは、録音時のピッチでサンプルが再生されるときのキーのことです。この情報はサンプルのヘッダに記録されています。サンプルのヘッダにルートキーが定義されていない場合は、デフォルトでC3キーがルートキーとなります。

    注記:既存のゾーンの上にオーディオファイルをドラッグ&ドロップすると、そのゾーンが参照しているファイルがドロップしたファイルに置き換わります。ポインタも置換モードを反映するように変わります。

    図。既存のファイルがオーディオファイルに置き換わる。

    「グループ解除」ゾーンの下の空の領域にサンプルをドラッグ&ドロップすると、デフォルトグループの中に新規のデフォルトグループが作成されます。

一度に複数のゾーンを作成する

  1. インストゥルメントエディタのメニューで「ゾーン」>「複数のサンプルの読み込み」と選択します(または「複数のサンプルを読み込む」キーコマンドを使用します)。

  2. ソースファイルのあるフォルダに移動し、「追加」または「すべて追加」ボタンを使って、使用する複数のサンプルを選択します。

  3. 「終了」をクリックします。

  4. 表示されるダイアログで、3つの自動マッピングモードから1つを選択します:

    図。「複数のサンプルの読み込み」ダイアログ。
    • オーディオファイルからルートキーを読み出して“オートマップ”: オーディオファイルのヘッダに保存されたルートキーを使用して、キー範囲上に各サンプルをゾーンとして配置します。ゾーンを構成するキーの数は、隣接するゾーンの配置に応じてインテリジェントに決定されます。

    • “ドラム”ゾーン(範囲なし)、オーディオファイルからルートキーを読み出し: オーディオファイルのヘッダに保存されたルートキーを使用します。このルートキーの情報によって決まるキーボード上の単一のキーへ各ゾーンがマッピングされます。

    • 連続するゾーン: ルートキーの情報はすべて無視し、半音単位でキーボードにサンプルをマッピングします。「ゾーンの幅」フィールドで、新規に生成されたゾーンの幅(キーの範囲)を指定します。「最初の音」フィールドで、新規に生成されたゾーンの開始ノートを指定します。

また、複数のサンプルをインストゥルメントエディタにドラッグ&ドロップして読み込むこともできます。グループフォルダに複数のサンプルをドラッグ&ドロップすると、そのグループにサンプルが割り当てられます。「グループ解除」ゾーンの下の領域に複数のサンプルをドラッグ&ドロップすると、オーディオファイルが新規のデフォルトグループに割り当てられます。

注記:複数のファイルをキーボードのキーにドラッグ&ドロップした場合は、ファイルがドロップされたノートに開始キー、終了キー、およびルートキーが設定されるため、ダイアログには「最初の音」フィールドが表示されません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?