Logic Pro X: アンプの信号経路

アンプの信号経路

Bass Amp Designerには2つのチャンネルがあり、プリアンプ用とD.I.ボックス用にそれぞれ1チャンネルが設けられています。これらのチャンネルは単独で使うことも、ミックスすることもできます。これにはウインドウの下部にあるコントロールを使います。

図。Bass Amp DesignerのアンプおよびD.I.ボックスのパラメータ。

重要:「Blend」スライダが左右の端に設定されていない限り、2つのチャンネルは常に並列で使われます。

「Cabinet」ポップアップメニューから別のモデルを選択すると、チャンネルの信号経路が変わります。

キャビネット

ブレンドスライダの位置

チャンネル1のルーティング

チャンネル2のルーティング

すべてのスピーカー・キャビネット・モデル

中央

プリアンプ、パワーアンプ、キャビネット、マイク

D.I.ボックス

Direct (PowerAmp Out)

中央

プリアンプ、パワーアンプ

D.I.ボックス

Direct (PreAmp Out)

中央

プリアンプ

D.I.ボックス

すべてのスピーカー・キャビネット・モデル

左端

プリアンプ、パワーアンプ、キャビネット、マイク

Direct (PowerAmp Out)

左端

プリアンプ、パワーアンプ

Direct (PreAmp Out)

左端

プリアンプ

Direct (PreAmp Out)

右端

D.I.ボックス

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?