Logic Pro X: Channel EQの概要

Channel EQの概要

Channel EQは、応用範囲が広いマルチバンドEQです。8種類の周波数帯(ローパス/ハイパスフィルタ、ロー・シェルビング/ハイ・シェルビング・フィルタ、フレキシブルな4つのパラメトリックバンド)を色分けして表示できます。また、周波数カーブの変化をリアルタイムで表示する高速フーリエ変換(FFT)アナライザを備えているため、周波数スペクトルのどの部分を調整する必要があるかを簡単に確認できます。Channel EQのパラメータを参照してください。

Channel EQは、個別のトラックまたはオーディオファイルのサウンド形成や、プロジェクトミックス全体の音作りなど、さまざまな用途に使うことができます。アナライザ機能とグラフィックコントロールを使って、オーディオ信号をモニタし、リアルタイムで変更する操作を簡単に行うことができます。

ヒント:Channel EQとLinear Phase EQのパラメータは同じであるため、2つの間で設定を自由にコピーできます。同じエフェクトスロット内でChannel EQをLinear Phase EQに、またはLinear Phase EQをChannel EQに置き換えると、自動的に現在の設定が新しいEQに転送されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?