Logic Pro X: Space Designerの表示モードバー

Space Designerの表示モードバー

メインディスプレイとパラメータバーをエンベロープビューとOutput EQビューとで切り替えるには、表示モードバーを使います。

  • Sampled IRモードのとき: 表示モードバーの「Volume Env」ボタンおよび「Filter Env」ボタンの横に「IR Sample」ポップアップメニューが表示されます。インパルスレスポンスを使うを参照してください。

    図。Sampled IRの表示モードバー。
  • Synthesized IRモードのとき: 表示モードバーの「Volume Env」ボタンおよび「Filter Env」ボタンの横に「Density Env」ボタンが表示されます。Space Designerの密度エンベロープを参照してください。

    図。Synthesized IRの表示モードバー。

表示モードバーのパラメータ

  • 「Volume Env」のオン/オフボタン: 音量エンベロープを有効/無効にします。

  • 「Volume Env」ボタン: メインディスプレイの前面にボリュームエンベロープを表示します。ほかの有効なエンベロープカーブは、背面に透過表示されます。Space Designerの音量エンベロープを参照してください。

  • 「Filter Env」のオン/オフボタン: フィルタエンベロープを有効/無効にします。フィルタのオン/オフも自動的に切り替わります。

  • 「Filter Env」ボタン: メインディスプレイの前面にフィルタエンベロープを表示します。ほかの有効なエンベロープカーブは、背面に透過表示されます。Space Designerのフィルタとフィルタエンベロープを参照してください。

  • 「Density Env」のオン/オフボタン: 密度エンベロープを有効/無効にします。

  • 「Density Env」ボタン: メインディスプレイの前面に密度エンベロープを表示します。ほかの有効なエンベロープカーブは、背面に透過表示されます。Space Designerの密度エンベロープを参照してください。

    注記:密度エンベロープは、Synthesized IRモードでのみ使用できます。「Density Env」ボタンは、Sampled IRモードが有効なときは表示されません。

  • Output EQのオン/オフボタン: Output EQを有効/無効にします。

  • 「Output EQ」ボタン: メインディスプレイに6バンドのOutput EQを表示します。Space DesignerのOutput EQを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?