Logic Pro X: Delay Designerのマスターパラメータ

Delay Designerのマスターパラメータ

マスターセクションには、2つのグローバル関数のパラメータがあります: ディレイフィードバックとドライ/ウェットのミックスです。

シンプルなディレイの場合、ディレイをリピートするにはフィードバックを使用するのが唯一の方法です。Delay Designerは26のタップを備えているため、これを使ってリピートを作成できます。個々のタップにフィードバック動作の指示をする必要はありません。

また、グローバルなフィードバックパラメータを使用すると、ユーザが定義した1つのタップの出力をエフェクト入力経由で送り返し、自律的なリズムやパターンを作ることができます。この種類のタップはフィードバックタップと呼ばれます。

図。マスターセクション。

マスターパラメータ

  • 「Feedback」ボタン: フィードバックタップのオン/オフが切り替わります。

  • 「Feedback Tap」ポップアップメニュー: フィードバックタップ用のタップを選択します。

  • 「Feedback」レベルノブ/フィールド: 入力に戻すフィードバックタップの出力レベルを設定します。

    • 値が0 %のときは、フィードバックが発生しません。

    • 値を100 %にすると、フル音量で入力にフィードバックタップが送られます。

    注記:フィードバックがオンの最中にタップパッドでタップの作成を開始すると、フィードバックは自動的にオフになります。タップパッドでタップの作成を停止すると、フィードバックは自動的にオンに戻ります。

  • 「Mix」スライダ: ドライ入力信号と処理後のウェット信号のレベルを個別に設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?