Logic Pro X: 音源: はじめに

音源: はじめに

Logic Pro Xには、音楽制作に使用できる多様なソフトウェア音源が備わっています。

プラグインを追加する/削除する/移動する/コピーするプラグインウインドウで操作をする、および録音の概要の各セクションを参照してください。

サンプルベースの音源としては、AlchemyEXS24 mkIIがあります。これらを使うと、録音されたアコースティック音源の作成と再生ができます。Alchemyのさまざまなサンプル操作オプションと再合成オプションを活用すれば、ソースとは似ても似つかないサウンドを作り上げることもできます。また、弦楽器と管楽器のサンプルプラグインも用意されています。複数のアーティキュレーションを備えた、単独およびグループのさまざまな音源を利用できます。Studio音源を参照してください。

パーカッションに特化したシンセサイザーおよび音源には、UltrabeatDrum Kit DesignerDrum Machine Designerがあります。Ultrabeatにはパーカッション主体の複数の合成エンジンと1基のステップシーケンサーが組み合わされています。新しいサウンドとビートを作成するにあたってUltrabeatは強力なツールとなります。

4つのビンテージ音源は、往年のB3オルガン、Rhodes、Wurlitzer、およびHohnerエレクトリックピアノと、Hohner Clavinet、Mellotronをエミュレートします。Vintage B3Vintage Electric PianoVintage Clav、およびVintage Mellotronを参照してください。

シンセサイザーに関しては多数の選択肢があります。ES PES MES EEFM1などはシンプルなプラグインです。さらに、Retro SynthES1およびES2といった高度なオプションを備えたもの、果てはきわめて高性能なAlchemyおよびSculptureもあります。

Alchemyには複数の合成エンジンが搭載されています。これらは単独で使うことも組み合わせて使うこともでき、膨大な種類のサウンドを生み出します。Alchemyにはさまざまなモジュレーションオプションのほか、アルペジエータとシーケンサーも搭載されています。

Sculptureはモデリング方式のシンセサイザーです。物理的な楽器を再現したり、架空の楽器を作り出したりすることができます。独自のモジュレーション機能を数多く備えており、数えきれないほどの種類のサウンドを生成できます。

コレクションの最後を締めくくるのは、External InstrumentおよびKlopfgeistユーティリティ音源プラグインと、EVOC 20 PolySynthボコーダーです。これは受信するMIDIノートを追跡し、オーディオ信号を処理することで、演奏したノートとコードのピッチに従うクラシックなロボット風のボイスとコーラスを作り出します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?