Logic Pro X: Sculptureの使用についての概要

Sculptureの使用についての概要

以下のセクションでは、サウンドを作ってみるにあたって役立つ情報を提供します。Sculptureの弦を使ってみるSculptureのオブジェクトを使ってみるSculptureのピックアップを使ってみる、およびSculptureのほかの処理パラメータを参照してください。

基本的な音源サウンドの作成方法については、「基本的なサウンドを作成するためのプログラミングの概要」で説明します。具体的なサウンドのプログラミング方法について詳しくは、エレクトリックベースのプログラミングの概要および合成サウンドのプログラミングの概要を参照してください。

Sculptureの合成コアは柔軟なので、サウンドデザインにさまざまなアプローチが可能になっています。

どのようなアプローチを取るにせよ、新しいサウンドや面白いサウンドを作成できるはずです。それぞれのアプローチを試して、習熟しておくとよいでしょう。どの方法にも長所と短所があり、それぞれをうまく組み合わせて使えば、ニーズに合った最適なバランスが得られます。

Sculptureでゼロからサウンドをプログラミングする場合は、サウンドのコンポーネント単位で1つずつ作業していくことが最適なアプローチです。多くの方はSculptureをはじめて使用するのでしょうから、個々のパラメータが結果にどのような影響を及ぼすのかよく分からないはずです。Sculptureにおける弦とオブジェクトの相互作用についてを参照してください。

まず、プレーンな白紙の設定が必要になります。最初にSculptureを開くとこのパッチが読み込まれます。これは色付けされていないデフォルトのパラメータセットです。このパッチは音響的には面白いものではありませんが、ほとんどの例の出発点となります。この設定は「#default」設定ファイルとして保存されています。サウンドの作成を始める前に、この設定のコピーを保存しておくことをお勧めします。

デフォルトの設定を保存する

  • 設定ポップアップメニューから「別名で保存」を選択します。次に好きな名前(「neutral」、「vanilla」など)を入力して「保存」をクリックします。

    以下の例を順次試していくときにこの設定を読み込むとよいでしょう。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?