Logic Pro X: Ultrabeatのオシレータ2の「phase osc」モードを使用する

Ultrabeatのオシレータ2の「phase osc」モードを使用する

フェーズオシレータの波形は、ほぼあらゆる基本シンセサイザー波形へと再成形することができます。

「phase osc」モードでは、オシレータ2はオシレータ1とほとんど同じように動作します。主な違いは、オシレータ1では「asym」(Asymmetry)をモジュレートしているときに、オシレータ2では「saturation」をモジュレートできるということです。そのため、両方のオシレータが「phase osc」モードで動作している場合は、異なるサウンドが生成されます。

フェーズオシレータのパラメータ

  • 「slope」ノブ: ノブを回して、波形のスロープ(傾き)を設定します。値が大きくなるほど、波形のスロープは大きくなります。スロープが垂直に近くなるほど、生成されるサウンドは鼻にかかった感じが強くなります。

  • 「saturation」スライダ: ゲインを上げます。最終的には波形がクリップされます。値を大きくすると、波形が歪み、しだいに矩形に近くなります。その結果、対応する奇数の倍音が増大します。

  • 「asym」(Asymmetry)スライダ: スライダを動かすと、波形の角度が変化します。値を大きくすると、波形は傾斜してノコギリ波になります。「asym」は「mod」および「via」ポップアップメニューに表示されるソースによってモジュレートできるので、オシレータレベルでダイナミックにサウンドを変更できます。Ultrabeatのモジュレーションの概要を参照してください。

Ultrabeatのフェーズオシレータで昔からよくある波形を作る

旧式のアナログシンセサイザーの基本波形をフェーズオシレータを使って再現できます。  サイン波、矩形波、およびノコギリ波は、「slope」、「saturation」、および「asym」の各パラメータをいろいろ組み合わせて設定した結果、生成されるものです。

以下のいずれかの操作を行います:

  • 典型的な方形波を生成するには、「slope」と「saturation」を最大値に、「asym」を最小値に設定します。

  • ノコギリ波を生成するには、「slope」を- 0.20に、「saturation」を最小値に、「asym」を最大値に設定します。

  • サイン波を生成するには、「slope」、「saturation」、および「asym」を値0に設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?