Logic Pro X: Arpeggiatorのキーボードパラメータ

Arpeggiatorのキーボードパラメータ

「Keyboard」ボタンをクリックすると、Arpeggiatorのキーボードパラメータが開きます。キーボード上に表示されている点は、演奏中のノートの出力を示します。これにはキーおよびスケールの調整も含まれます。また、「Keyboard」パネルから「Remote Key」エディタウインドウを開くこともできます。詳細については、Arpeggiatorのキーボードパラメータを使うを参照してください。

図。Arpeggiatorのキーボードパラメータ。

キーボードパラメータ

  • 「Input Snap」ポップアップメニュー: 最初に受信するノートをスナップさせる拍のノート値を選択します。これによって、アルペジオの開始位置がクオンタイズされます。

    「Input Snap」ポップアップメニューのデフォルト値は「link to rate」です。「link to rate」を使用すると、Arpeggiatorに設定されている「Rate」の値と同じ値が指定されます(Arpeggiatorのノート順序パラメータの概要を参照してください)。

  • 「Key」ポップアップメニュー: 選択したスケールのルートキーを選択します。Cがデフォルトのキーです。

  • 「Scale」ポップアップメニュー: いずれかのスケールを選択します。演奏したキーが、選択したスケール内の最も近いノートにスナップされます。以下のいずれかのオプションを選択できます: 「Chromatic」(デフォルト)、「Major」、「Major Pentatonic」、「Major Blues」、「Lydian」、「Mixolydian」、「Klezmer」、「Minor Pentatonic」、「Minor Blues」、「Japanese」、「Natural Minor」、「Harmonic Minor」、「Melodic Minor」、「Dorian」、「Phrygian」、「Locrian」、および「South-East Asian」。

  • 「Keyboard Split」ボタン: MIDIキーボードの範囲を3つの領域に分割します。

  • 「Remote」(Key editor)ボタン: 「Remote」(Key editor)ボタンを表示するには、先に「Keyboard Split」ボタンをクリックする必要があります。ボタンをクリックすると、「Remote Key」エディタウインドウが開きます。このウインドウでは、さまざまなMIDIキーにArpeggiatorの機能を割り当てることができます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?