Logic Pro X: ステップの長さとベロシティを設定する

ステップの長さとベロシティを設定する

「velocity/gate」行では、トリガ行内のノートの長さ(ゲートタイム)とベロシティを設定できます。2つのパラメータが、1本のグラフィックバーによって表示されます。

  • バーの高さがノートのベロシティを表します。

  • バーの幅がノートの長さ(ゲートタイム)を示します。

図。「velocity/gate」行。

各ステップの長さとベロシティの値を変更する

以下のいずれかの操作を行います:

  • ベロシティを変更するには、青いバーを垂直方向にドラッグします。

  • ノートの長さ(ゲートタイム)を変更するには、青いバーを水平方向にドラッグします。

ゲートタイムは、4つの均等なセクションに分割されるため、ノートの長さをリズム的に正確に設定することが簡単にできます。「ワンショット」エンベロープをゲートタイムに反応させるには、サウンド自体でゲート機能をオンにする(Ultrabeatのトリガモードを参照)か、リズム的に有効な(短い)ディケイ時間と組み合わせて、「sustain」モードでエンベロープを使用する(Ultrabeatのエンベロープパラメータを参照)必要があります。

すべてのベロシティおよびゲートの値をデフォルト設定にリセットする

  • 「velocity/gate」行の左側には「reset」ボタンがあります。クリックすると、すべてのベロシティおよびゲートの値がリセットされます。

    ベロシティのデフォルト設定は75パーセントです。デフォルトのゲート値では、4つのセクションすべてが有効です。

Ultrabeatのvelocity/gateショートカットメニューを使う

  • 「velocity/gate」行でControlキーを押したままステップをクリック(または右クリック)すると、次のコマンドを含むショートカットメニューが開きます:

    • Alter Vel(Alter Velocities): 選択した拍子を維持したまま、すべてのステップのベロシティの値をランダムに変更します(トリガ行は変更されません)。

    • Alter Gate(Alter Gate Time): 選択した拍子を維持したまま、すべてのステップのノートの長さをランダムに変更します(トリガ行は変更されません)。

    • Randomize Vel(Randomize Velocities): 新しいランダムなベロシティ値を作成します。

    • Randomize Gate(Randomize Gate Time): 新しいランダムなゲート値を作成します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?