Logic Pro X: Delay Designerでタップを作成する

Delay Designerでタップを作成する

ディレイタップを新規に作成するには3つの方法があります。  タップパッドを使うか、認識バーで作成するか、既存のタップをコピーする方法です。

複数のタップを作成する場合、最も早いのはタップパッドを使う方法です。すでに思い描いているリズムがあれば、マウスまたはトラックパッドによるクリックではなく専用のハードウェアコントローラのボタンでそのリズムをタップした方が簡単な場合もあります。MIDIコントローラがある場合は、デバイスのボタンにタップパッドを割り当てることができます。コントローラの割り当ての詳細については、「コントロールサーフェスサポートヘルプ」を参照してください。

タップを作成したら、タップの位置を調整できます。なお、タップは削除できます。タップを選択する/移動する/削除するを参照してください。

タップには、作成した順番に文字が割り当てられます。最初に作成されたタップは「タップA」、2番目のタップは「タップB」という具合です。一度文字が割り当てられると、時間軸上で移動しても(つまり順序を変更しても)、それぞれのタップは同じ文字で識別されます。たとえば、最初に3つのタップを作成すると、それぞれタップA、タップB、タップCという名前になります。ここで、タップBがタップAより先に来るようにタップBのディレイタイムを変更しても、タップBはタップBという名前のままです。

認識バーには、表示中の各タップの文字が示されています。タップ・パラメータ・バーの「Tap Delay」フィールドには、現在選択しているタップの文字(複数のタップを選択している場合は、編集中のタップの文字)が表示されます(詳細については、タップを選択する/移動する/削除するを参照してください)。

タップパッドでタップを作成する

  1. 上部にあるパッド(「Start」)をクリックします。

    注記:「Start」パッドをクリックすると、既存のタップはすべて自動的に消去されます。この動作のため、あるタップを作成した後で、それとは別にタップを作成する場合は、認識バーを使って作成してください。

    上部のパッドラベルが「Tap」に変わり、赤いタップ録音バーが表示ボタンの下にあるストリップに表示されます。

    図。タップパッド。
  2. 新しいタップの録音を始めるには、「Tap」ボタンをクリックします。

  3. 新しいタップを作成するには、「Tap」ボタンをクリックします。

    クリックするたびにまったく同じタイミングで新しいタップが作成されるため、クリックのパターンに一致したリズムになります。

  4. タップの作成を終了するには、「Last Tap」ボタンをクリックします。

    最後のタップが追加されてタップの録音が終了し、最後のタップはフィードバックタップとなります(フィードバックタップの詳細については、Delay Designerのマスターパラメータを参照してください)。

    注記:「Last Tap」ボタンをクリックしないと、10秒後、または26番目のタップが作成されたときのいずれか早い方のタイミングで、自動的に終了します。

認識バーでタップを作成する

  • タップを追加する位置をクリックします。

    図。認識バー。

認識バーのタップをコピーする

  • 選択した1つまたは複数のタップを、Optionキーを押したまま、追加する位置にドラッグします。

    コピーしたタップのディレイタイムが、ドラッグした位置に設定されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?