Logic Pro X: EXS24 mkIIのエンベロープの概要

EXS24 mkIIのエンベロープの概要

EXS24 mkIIにはボイスごとに2つのエンベロープジェネレータが組み込まれています。インターフェイスとルーターでは、「ENV 1」および「ENV 2」と省略して表されます。エンベロープジェネレータという用語の語源とその基本機能の詳細についてはアンプエンベロープの概要を参照してください。

ENV 1とENV 2のパラメータは同等です。

  • ENV 1は、フィルタを時間軸に沿って制御します。

  • ENV 2では、演奏される各ノートのレベル(音量)が、時間の経過と共にどのように変化するのかを定義できます。

ただし、どちらのエンベロープでも、ルーターを経由して別のモジュレーションソースとして使用することができます。エンベロープの時間パラメータ(アタック、ディケイ、およびリリース)も、ルーターのモジュレーションデスティネーションとして使用できます。

図。ENV 1およびENV 2のパラメータ。

エンベロープパラメータ

  • 「Attack」スライダ: ノートレベルが振幅ゼロから設定した振幅まで上昇するまでにかかる時間の長さを定義します。両方のエンベロープのアタック時間スライダは、上下に分かれています。

    • スライダの下側はキーを強く(最大のベロシティで)押した場合のアタック時間を表します。スライダの上側は最小のベロシティで押した場合のアタック時間を表します。2つのスライダの間の領域をドラッグすると、両方のスライダを同時に動かすことができます。この領域が小さすぎてドラッグできない場合は、コントロール領域内でスライダの上または下をドラッグします。

  • 「Decay」スライダ: アタックフェーズが終わってから、保持されているノートのレベルがサスティンレベルになるまでにかかる時間の長さを設定します。

    • サスティン・レベル・パラメータが最大値に設定されている場合は、ディケイパラメータを設定しても影響はありません。

    • サスティンレベルが最小値に設定されている場合、ディケイパラメータは、その音がフェードアウトする時間を表します。

  • 「Sustain」スライダ: サスティンレベルを設定します。

  • 「Release」スライダ: キーを放してからサスティンレベルがゼロに減衰するまでの時間を設定します。

  • 「Time(via Key)」スライダ: 両方のエンベロープの時間間隔を調整(長く/短く)します。位置C3が中央位置です。

    • C3より高いキーに割り当てられたゾーンは、スライダを使って時間間隔を短くすることができます。C3より低いキーに割り当てられたゾーンについては、エンベロープの間隔を長くすることができます。

  • 「Curve」スライダ: エンベロープのアタックカーブの形状を調整します(両方のエンベロープに適用されます)。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?